げんげん

げんげん

げんげんこと源元気は、筋肉野郎系としてデビューしたバーチャルYouTuber


作者のコウノスケさんは自身がゲイであることを公表しており、げんげんについて「可愛い男子高校生を見守るホモおじさんになりきって楽しんでね」と、同性愛者の視聴者を意識したキャラクターであることを明かしている。

バーチャルYouTuber・げんげんとは?

げんげんの名で活動するバーチャルYouTuberの源元気。坊主頭、全裸に関西弁、やや汗ばんだ表情でしゃべる筋肉野郎系YouTuberとして2018年1月から活動をスタート。

インパクトの強すぎる風貌で、格闘家に多い餃子耳も、その風貌の圧迫感を増幅させていた。

「本名とか年齢は内緒な」と前置きしつつも、1本目の動画「げんげん初めての動画投稿ヽ( ´▽)ノ」の冒頭から本名を暴露してしまう。

学生であり、所属している野球部は「買い食い禁止、炭酸(飲料)禁止、チャリ通禁止、髪伸ばすの禁止」と厳しいルールがある。

好きな食べ物はラーメン、ギョウザ、牛乳、麺類、肉まん。YouTuberとしての活動について、「有名になったらオフ会する」「みんなで筋トレしよな!」と展望を語っており、この時点では、全裸で筋肉色を打ち出す今後の動画が期待されていた。

動画の度に激変する世界線がヤバい

しかし、その後の動画では世界線が激変。

ロシア語の挨拶から始まる2本目では、「今年は2018年、第三次世界大戦、終結30周年なんやってな」と同士に向けて2018年の抱負と語り、3本目ではスキー旅行に来たペンションで殺人事件に遭遇、4本目では魔王ゲーニッツ=ゲンガッシュバルト29世となり、人類への降伏勧告を行っている。

5本目では「人類として新たなステージに進むために肉体の殻を捨てた」と語り、当初売りの1つであった肉体を手放し、バーチャル空間で充実した日々を送る様子が報告された。

6本目では「ディスコで超ノリノリのげんげん」というタイトル通り、バイオレットカラーのスーツに黒いシャツ、サングラスを身につけ、毎晩ディスコでオールする姿で登場。

未来のビルオーナーを自称し、銀行でお金を借りたというげんげん。「土地を買って上手く使えばいくらでも儲けられる」「土地の値段は上がることはあっても、下がることはない」と自信ありげに語り、終身雇用は古いと会社も退職。今後は「財テクしながら自由にフリーターするのがナウい生き方」だという。

「日本の経済も右肩上がり、これからの未来は明るい」と全体を通してバブリーな発言が目立つ。最後は、ひと踊りしにディスコへと消えていくのだった。

作品リスト

似たようなキーフレーズ

富士葵は日本のバーチャルYouTuber。ファンのことを葵歌劇団と呼んでいる。運営は株式会社Smarprise。所属レコード会社はユニバーサルミュージックジャパン。

YuNiは、日本のバーチャルYouTuber、バーチャルシンガー。株式会社Candeeと、Activ8株式会社の共同プロデュース。upd8所属。レーベルはyunion.wave(流通はソニー・ミュージックソリューションズに委託)。...

斗和キセキとはバーチャルYouTuber。「新世代を創るバーチャルYouTuber」YouTubeチャンネル登録者数は約9万人。

バーチャルYouTuberの略称。詳しくはバーチャルYouTuberの項目を参照。

CTuberは、キャラクターYouTuberの略称。バーチャルYouTuber(VTuber)から派生したもので、いくつかの類似点はあるものの、全く別の概念としてファンや運営が使用している。主なCTuberは、ゲーム部プロジェクト、HELLO KITTY CHANNELなど。...

ばあちゃるは、自称世界初男性バーチャルYouTuber。株式会社アップランドが運営するバーチャルYouTuberプロダクション・.LIVEに所属。同社が運営するアイドル部のプロデューサーもつとめる。相性は「馬」「馬P」「ウビバ」など。...

同じカテゴリーのキーフレーズ

エンタメ

更新日: 978日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ