スチャダラパーは、日本のヒップホップユニット。MCのBOSE(MCボーズ)、ANI(スチャダラアニ)、DJのSHINCO(スヰンギン・シンコ)で構成される。

概要

1988年に桑沢デザイン研究所で知りあったBOSEとANI、そして浪人生だったSHINCOをDJに加えて結成。

1990年に高木完プロデュースによりMAJOR FORCEからメジャーデビュー。

1993年、デ・ラ・ソウルのアルバム「Buhloone Mindstate」にラッパーとして客演参加。高木完も参加している。日本のファン向けにつくられた日本盤のボーナストラックではなく、アルバムのオリジナルトラックに参加するという、日本人ラッパーによる海外アーティストの作品参加という非常に稀有な例となる。

1994年、小沢健二と共作した「今夜はブギーバック」が50万枚を超える大ヒット。「タモリのボキャブラ天国」のエンディングテーマにも採用され、お茶の間に日本語ラップ、ヒップホップ文化を浸透させるきっかけをつくる。いまなお、多くのシーンで使用される楽曲となっている。

作風

グループ名の由来は、1985年〜1992年に活動したギャグユニットラジカル・ガジベリビンバ・システムの1986年の公演「スチャダラ」(観劇したのはANIのみ)に「ラッパー」を組み合わせ「スチャラカでスーダラなラッパー」という意味合いを持つ。

これまでの海外ヒップホップのシーンのメインであった、ハードコアかつマッチョな路線とは対照的なア・トライブ・コールド・クエストやデ・ラ・ソウルといったグループに影響を受ける。

90年代初頭、ラジカル・ガジベリビンバ・システムなどの演劇シーンや、ナゴムレコードなどの日本のサブカルチャーの文脈が結合した「オモロ・ラップ」を提唱しつつ日本語ラップシーンに登場。

等身大かつコミカルなライムと高品位なトラックで存在感を示す。活動開始してまもなく、MAJOR FORCE主催の「第2回DJアンダーグラウンドコンテスト」において、「太陽にほえろ!」のテーマソングにラップを乗せるパフォーマンスが話題となり、特別賞を受賞(審査員だったECDは素晴らしさのあまり涙が出たと語る)、そのままMAJOR FORCEからデビューとなった。

似たようなキーフレーズ

さなりは、日本のラッパー、トラックメイカー、シンガー。2002年11月16日生まれ。AB型。身長は169cm。ドット絵やYouTubeでのゲーム実況なども趣味で行う。

レオタードブタとヤギ・ハイレグは、バーチャルヒップホップユニット。ラッパーのレオタードブタと、ビートメイカー/ラッパーのヤギ・ハイレグから成る。略称はレオブタとヤギハイ。...

JP THE WAVYは、日本のラッパー、ダンサー。神奈川県湘南出身。1993年生まれ。ヒップホップクルー・D.T.R.I(Do The Right Inc.)にも所属し、過去にLil Rightという名義でも活動していた。...

唾奇は、沖縄出身の日本のラッパー。1991年8月4日生まれ。様々なMCやアーティストが所属するクリエイター集団・Pitch Odd Mansionの中心人物としても知られる。同じく沖縄のMCであるCHICO CARLITOやプロデューサー・Sweet Williamと共演。...

T-Pablowとは、神奈川県川崎市出身のラッパー。本名は岩瀬達哉。BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権第1回、第4回の優勝者。双子の弟であるYZERRも同じラッパーで、双子のユニット2WIN及び川崎発のクルー・BAD HOPで活動中。...

Amateras(アマテラス)とは、イタリア出身、白金育ちのラッパー。 MCバトルにおけるスタイルは、イタリア生まれ、白金育ちの「金持ち自慢」、幼稚舎から現在の大学に至るまで慶應義塾に通う「高学歴自慢」。...

XXXTentacionは、アメリカ合衆国フロリダ州出身のラッパー。1998年6月23日生まれ、2018年6月18日没。本名はJahseh Dwayne Onfroy。

同じカテゴリーのキーフレーズ

ストリート

更新日: 1942日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ