人喰いの大鷲トリコ

ひとくいのおおわしとりこ

『人喰いの大鷲トリコ』(ひとくいのおおわしとりこ)とは、2016年12月6日に発売のPlayStation 4用アクションアドベンチャーゲーム。


ICO』『ワンダと巨像』で世界的に高い評価をウケたゲームデザイナー上田文人の最新作。

『人喰いの大鷲トリコ』(ひとくいのおおわしとりこ)とは

『人喰いの大鷲トリコ』(ひとくいのおおわしとりこ)とは、2016年12月6日に発売のPlayStation 4用アクションアドベンチャーゲーム。

ICO』『ワンダと巨像』で世界的に高い評価をウケたゲームデザイナー上田文人の作品。

物語

共に行動するはずのない一人と一匹が、幾多の苦難を乗り越えて絆を深めていくアクションアドベンチャー。
プレイヤーは少年となり、人喰いと恐れられる大鷲トリコと共に、忘れ去られた巨大遺跡を冒険します。

受賞

  • 日本ゲーム大賞2016 フューチャー部門

パッケージスペック

  • タイトル:人喰いの大鷲トリコ
  • 発売予定日:2016年12月6日(火)
  • ジャンル:アクションアドベンチャー
  • 対応フォーマット:PlayStation®4
  • 価格
    • パッケージ通常版 希望小売価格:6,900円+税
    • パッケージ初回限定版 希望小売価格:6,900円+税
    • ダウンロード版 販売価格:6,900円+税
  • CERO:B(12才以上対象)

初回限定盤は、通常版と同じ価格で「BRUTUS編集スペシャルブックレット」、「スペシャルボックス」、「PlayStation®4テーマ」「ミニサウンドトラック」が付属する。

スタッフ

発売カウントダウンCM

発売日までのカウントダウンwebCMが、12月1日より5日間連続で公開。

CM監督には松岡錠司を起用。

7年間待ち焦がれてきた人々の『トリコ』発売に対する感慨は、計り知れないものがあると思います。発売を待ち続けた誇り高き市井の人々の、心情の一面を丁寧に描写すること。その作業に腐心しました。

ひたひたと迫り来る発売日への人々の静かな熱情を、(映画とは違って)30秒という刹那の時間だからこそ生まれる滋味で彩ったつもりです。

松岡錠司監督が手掛けた『人喰いの大鷲トリコ』発売カウントダウンwebCMを、12月1日より5日間連続で公開! | PlayStation®.Blog

似たようなキーフレーズ

『からっぽのいえ』とは、ところにょりによるiOS、Android用ゲームアプリケーション。音楽はsoejima takumaが担当。 人のもういない空っぽの家を、家庭用汎用性ロボットRJ6388265がいつまでも守り続けている。 RJ6388265の記憶媒体の容量は限られ、家...

『悪魔城ドラキュラ』(あくまじょうドラキュラ、英題: Castlevania)は、コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)から1986年9月26日に発売されたファミリーコンピュータディスクシステム用ソフトのアクションゲーム。...

「GIGA WRECKER」(ギガレッカー)とは、ゲームフリークによるPC用2Dパズルアクションゲーム。 ガレキを操る能力を持つ少女・レイカが、凶悪なロボット軍団が支配する世界を探索する。 2017年2月7日よりSteamにて配信開始。...

「POKÉMON DOLLS」(ポケモンドール)とは、ポケモンシリーズのころっと丸くて、かわいいフォルムのぬいぐるみ。 2017年1月14日(土)に『ポケットモンスター サン・ムーン』のモクロー、ニャビー、アシマリ、2月11日(土・祝)からピカチュウ、キテル...

『Splatoon 2』(スプラトゥーン 2)とは、Nintendo Switch専用のアクションシューティングゲーム。任天堂が開発。2017年夏発売予定。 『Splatoon』(スプラトゥーン)の続編にあたる。...

『ARMS』(アームズ)とは、2017年春発売予定の任天堂から発売されるNintendo Switch専用の格闘スポーツゲーム。プレイ人数は1〜2人。希望小売価格は未定。

『1-2-Switch』(ワンツースイッチ)とは、2017年3月3日発売のNintendo Switch専用ソフト。 キャッチフレーズは「目と目を合わせて、1-2-Switch」。Nintendo Switch本体からJoy-Conを外し、片方を相手に渡して向かい合ってプレイするミニゲーム集。 ...

同じカテゴリーのキーフレーズ

ゲーム

更新日: 1419日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ