刈谷仁美

かりや ひとみ

刈谷仁美とは、日本のアニメーター、イラストレーター。NHK連続テレビ小説『なつぞら』で題字OPを担当し一躍話題となる。

刈谷仁美とは

刈谷仁美とは、1996年生まれのアニメーターである。2019年『なつぞら』題字OPを担当。

専門学生時代短篇アニメ『漫画から出てきちゃった話』を制作。インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル観客賞3位を受賞した。

クラウドファンディングで成り立つ新人アニメーターのための寮制度「新人アニメーター寮」出身。

経歴

高校生の時にアニメーターを目指すようになる。魔女の宅急便がきっかけであり、鮮やかで上品な色使いに惹かれた。

2017年、新人アニメーター大賞受賞。

2018年、「Animazement」(ノースカロライナのアニメフェス)パンフレットの表紙などを担当。

2019年、ササユリカフェで初めての個展『かりや展』開催。学生時代の作品や『なつぞら』の原画などが展示された。

『なつぞら』での制作

2019年、広瀬すずが主演を務めたNHK連続テレビ小説『なつぞら』。

オープニングは全編アニメーションであったがそこで刈谷はキャラクターデザインやタイトルバックの原画、監督や題字までも担当した。また、劇中アニメの絵コンテ、原画、動画なども担当している。

刈谷を抜擢したのがタイトルバックのプロデュースを担当した舘野仁美。舘野は起用について

「ほとんど勘、直感だった。ほかにもたくさん絵が上手で若いアニメーターを知っているんですけど、最初から彼女以外考えられなかった」

刈谷仁美さん:「なつぞら」で話題の若手アニメーターの“横顔” 先輩たちの「1本の線」に感銘

とその才能を絶賛している。

賞歴

高校生時 第12回高校生マンガ・イラストグランプリ努力賞

2017年 インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル2017観客賞3位『漫画から出てきちゃった話』

2019年東京アワードフェスティバル2019アニメ オブ ザ イヤー部門・個人賞受賞

似たようなキーフレーズ

『さよならを教えて 〜comment te dire adieu〜』(コモン・トゥ・ディール・アデュー)は、2001年にビジュアルアーツ傘下のブランドであるCRAFTWORKから発売された成人向けのアドベンチャーノベルゲーム。 1990年代後半から多様な広がりを見せていた美少...

コレコレ(1989年8月12日-)とは、日本の配信者、YouTuber、アイドルプロデューサー。

泣きたい私は猫をかぶる はスタジオコロリドによる長編アニメーション映像作品。通称「泣き猫」 スタジオコロリドにとって2018年に第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞したペンギン・ハイウェイに続く2作目の長編作品となる...

マレーシアで2009年に製作・公開された映画。マレーシアアカデミー賞で4部門を獲得したほか、ベルリン国際映画賞、東京国際映画祭最優秀アジア映画賞に輝くなど大きな国際評価を受けた作品。 アジア屈指の女性監督と言われたヤスミン・アフマドの...

『BNA ビー・エヌ・エー』はアニメスタジオ・TRIGGER(トリガー)によるTVアニメ。フジテレビ「+Ultra」にて2020年4月放送。

堀江晶太とは、日本の作曲家、編曲家、ベーシストである。 ロックバンド「PENGUIN RESEARCH」のベーシスト、ボーカロイドプロデューサー「kemu」としても活動している。

シルバーテツヤさんは秋田在住、元教師のおじいさんにして、フォロワー12万人を超える人気インスタグラマー。

同じカテゴリーのキーフレーズ

アニメ・漫画

更新日: 380日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ