貞本義行

さだもと よしゆき

漫画家、アニメーター、キャラクターデザイナー。山口県徳山市出身。1962年1月29日生まれ。A型。 東京造形大学絵画科卒業。スタジオカラー相談役。『王立宇宙軍 オネアミスの翼』『新世紀エヴァンゲリオン』『時をかける少女』等のキャラクターデザインを手がける。

概要

学生時代に第16回少年チャンピオン新人漫画賞に「FINAL STRETCH 最後の疾走」で入選。

1984年、大学卒業後にテレコム・アニメーションフィルムへ入社。大塚康生にアニメーションを学ぶ。同期には田中達之、滝口禎一、横堀久雄がいたが、アニメの経験を隠していた貞本の新人離れした技量に自信喪失した同期生まで出たという。大塚康生も自分より上手いと脱帽し、新人時点の上手さでは宮崎駿月岡貞夫と並ぶ存在だったと評価を下している。ただ、絵コンテを切るのは苦手だという。

テレコムでは原画マンをつとめていたが、その後、ガイナックスが劇場アニメ『王立宇宙軍 オネアミスの翼』(1987年公開)を製作することとなったためガイナックスへと移籍。同作でキャラクターデザインをつとめた。無名のアニメーターをキャラクターデザイナーとして起用するのは当時としては異例。以後、『トップをねらえ!』、『ふしぎの海のナディア』など、ガイナックスの中核メンバーとして活躍。

1991年から1992年にかけてアニメ雑誌『ニュータイプ』誌に漫画『R20 歯車のある街』を連載し、9年ぶりに漫画家としての活動を再開した。さらに1995年から『新世紀エヴァンゲリオン』の漫画版を『月刊少年エース』にて連載を開始。

「貞本エヴァ」

1995年、アニメや劇場版とは異なるストーリーが描かれる「エヴァンゲリオン」の漫画作品(通称:貞本エヴァ)を『月刊少年エース』にて連載。アニメ放映より先だった連載開始だったが、2014年11月20日に最終巻となる14巻を発売。20年近く続く連載に幕を閉じた。

最終巻のプレミアム版は週間売り上げ30〜40万部を記録して首位を獲得することとなった。

作風

数多くのアニメ作品でキャラクターデザインや原案をつとめ、多くのアニメーターやイラストレーターからの支持も集める一方、貞本が描く男性キャラは細身で女性的な顔立ちのキャラが多い。実はキャラの顔の描き分けは乏しく、髪型や服装による違いくらいでしか見分けることができないことが多いといわれている。この点は本人も自認している。

2013年、ボカロPとして知られるMitchie Mのアルバム「グレイテスト・アイドル」のアートワークを描き下ろすなど、現在は仕事の比重をアニメから漫画やイラストに移している。近年は、アニメ作品への参加はキャラクターデザインのみの場合が多い。

似たようなキーフレーズ

日本の男性アニメーター、キャラクターデザイナー、作画監督。愛媛県越智郡伯方町(現・今治市伯方町)出身。代表作に『おジャ魔女どれみ』『ハートキャッチプリキュア!』『蟲師』等。...

漫画家、アニメーター、キャラクターデザイナー、アニメ監督、イラストレーター、小説家。キャラクターデザイン及び作画監督を担当した『機動戦士ガンダム』はあまりに有名。...

同じカテゴリーのキーフレーズ

アニメ・漫画

更新日: 1811日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ