Flappy Bird

ふらっぴーばーど

Flappy Birdとはゲーム。IOS版とAndroid版がある。

概要

開発したのはベトナムはハノイの開発者であるNguyen Ha Dong。現在、3本のアプリケーションがApp Storeでトップ10入りを果たしている。突然現れてきたパブリッシャーで、さらに何のクロスプロモーションも行なっていない中、突如3本がベスト10入りした。Flappy Birdは画面に登場する鳥をタップして障害物である土管をくぐっていくという非常にシンプルなゲーム。しかし、到達できない人が多発するという簡単そうに見えて難易度が高いゲームだ。

Flappy Birdをめぐる問題

2014年2月8日、NguyenさんはTwitter上で「『Flappy Bird』は私のゲームの中で最も成功したものですが、私のシンプルな生活をめちゃくちゃにしました。だから私はこのゲームが嫌いです」と発言。ゲームの取り下げは何か法律上の問題が起こったわけではなく「ただ、もうこのゲームを巡る騒ぎに対応できなくなった」とのこと。しかし、Flappy Birdの影響はアプリが削除されただけでは収まりませんでした。Flappy Birdが各ゲームストアから姿を消した後にiOS App Storeのランキングトップに君臨したのがFlappy BirdsにそっくりなIronpantsというゲームだった。Nguyen以外の誰かの手によってFlappy BirdのHTML5があちこちで作られ、これによってアプリがなくともブラウザ上でFlappy Birdをプレイすることが可能なった。
NguyenさんはFlappy Birdの他にもゲームを開発しており、これはFlappy Birdのヒットと共にランキングのトップ10入りを果たした、これらのゲームに関しては削除の予定はないとのこと。

似たようなキーフレーズ

『さよならを教えて 〜comment te dire adieu〜』(コモン・トゥ・ディール・アデュー)は、2001年にビジュアルアーツ傘下のブランドであるCRAFTWORKから発売された成人向けのアドベンチャーノベルゲーム。 1990年代後半から多様な広がりを見せていた美少...

コレコレ(1989年8月12日-)とは、日本の配信者、YouTuber、アイドルプロデューサー。

泣きたい私は猫をかぶる はスタジオコロリドによる長編アニメーション映像作品。通称「泣き猫」 スタジオコロリドにとって2018年に第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞したペンギン・ハイウェイに続く2作目の長編作品となる...

マレーシアで2009年に製作・公開された映画。マレーシアアカデミー賞で4部門を獲得したほか、ベルリン国際映画賞、東京国際映画祭最優秀アジア映画賞に輝くなど大きな国際評価を受けた作品。 アジア屈指の女性監督と言われたヤスミン・アフマドの...

『BNA ビー・エヌ・エー』はアニメスタジオ・TRIGGER(トリガー)によるTVアニメ。フジテレビ「+Ultra」にて2020年4月放送。

堀江晶太とは、日本の作曲家、編曲家、ベーシストである。 ロックバンド「PENGUIN RESEARCH」のベーシスト、ボーカロイドプロデューサー「kemu」としても活動している。

シルバーテツヤさんは秋田在住、元教師のおじいさんにして、フォロワー12万人を超える人気インスタグラマー。

同じカテゴリーのキーフレーズ

未分類

更新日: 2076日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ