LINE CREATORS Market

らいん くりえいたーず まーけっと

「LINE Creators Market」は、世界中のLINEユーザーが自作スタンプを販売することができるプラットフォーム。スタンプ販売額のうち約50%がクリエイターに分配される。2014年5月8日開始。

概要

すべての自作スタンプは、審査が行われ販売基準を満たした場合のみ販売可能。LINEのウェブストアとアプリ内のスタンプショップにて、クリエイターズスタンプとして販売・購入することができる。日本だけでなく、台湾、タイ、インドネシアでも販売可能となっている。

2014年5月8日の販売開始から8月7日までの3ヶ月間でスタンプ販売総額は12.3億円を突破し、購入されたスタンプ総数は1,241万セットまで拡大。以後、スタンプ登録数と共に、市場を伸ばし続けている。

参加しているクリエイターの国籍は累計世界124カ国におよび、国内のみならず世界中のクリエイターが参加するプラットフォームとなっている。

展開

スタンプとして販売されたオリジナルキャラクターは別の商品として企画や販売することが可能となっているため、「LINE Creators Market」で人気を集めたキャラクターが、別の形で展開されるなど、新たなビジネスモデルにも想定されている。

同じカテゴリーのキーフレーズ

情報化社会

更新日: 2168日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ