シルバーテツヤ

しるばーてつや

シルバーテツヤさんは秋田在住、元教師のおじいさんにして、フォロワー12万人を超える人気インスタグラマー。

概要

2019年5月に孫のクドウナオヤさんが秋田に帰省した際、何も予定がなく暇だったので、「自分の服でおじいちゃんを変身させてみたら面白そう」という些細な気持ちで写真を撮ったことによって誕生。

Twitterに写真を投稿したところ7万件のリツイート、28万件のいいねという反響があり、Instagramの専用アカウントを開設すると、3日間で2万人フォロワーに達し国内外数々のメディアに取り上げられた。

現在フォロワーは12万人を突破して、いつのまにか海外からも注目されるインスタグラマーとなった。しかし、本人はネットの反響がよくわかっていないらしい。

2019年9月には自身初となる写真展「SLVR.TETSUYA "ENDRESS NOTE"」を開催。

2020年3月27日にはフォトエッセイ『テツヤ85歳、孫の服を着てみたら思ったよりイケてた。』を刊行。

本書では「人生を、着替えよう。」というテーマのもと、クドウナオヤさんが数々の撮り下ろし写真とともに、舞台裏のストーリーを執筆。

祖父と孫のくすっと笑える思い出話から、高齢者との新しい関わり方についても示唆に富む、読み応えのある一冊となっている。

30 歳を迎え、何か新しいことを始めることに
臆病になりかけていた僕に、
85 歳になるその老人は、鮮烈なまでに体現してくれた。
“いくつになっても、挑戦が人生を楽しくする”と。
――これは、
どこにでもいる田舎の老人で、
僕にとっては唯一無二のおじいちゃん「テツヤ」が、
一夜にして、世界中が注目するファッションアイコン
「シルバーテツヤ」となった“人生の着せ替え”の記録である。

本書「はじめに」より

似たようなキーフレーズ

『さよならを教えて 〜comment te dire adieu〜』(コモン・トゥ・ディール・アデュー)は、2001年にビジュアルアーツ傘下のブランドであるCRAFTWORKから発売された成人向けのアドベンチャーノベルゲーム。 1990年代後半から多様な広がりを見せていた美少...

コレコレ(1989年8月12日-)とは、日本の配信者、YouTuber、アイドルプロデューサー。

泣きたい私は猫をかぶる はスタジオコロリドによる長編アニメーション映像作品。通称「泣き猫」 スタジオコロリドにとって2018年に第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞したペンギン・ハイウェイに続く2作目の長編作品となる...

マレーシアで2009年に製作・公開された映画。マレーシアアカデミー賞で4部門を獲得したほか、ベルリン国際映画賞、東京国際映画祭最優秀アジア映画賞に輝くなど大きな国際評価を受けた作品。 アジア屈指の女性監督と言われたヤスミン・アフマドの...

『BNA ビー・エヌ・エー』はアニメスタジオ・TRIGGER(トリガー)によるTVアニメ。フジテレビ「+Ultra」にて2020年4月放送。

堀江晶太とは、日本の作曲家、編曲家、ベーシストである。 ロックバンド「PENGUIN RESEARCH」のベーシスト、ボーカロイドプロデューサー「kemu」としても活動している。

小岩井ことりさんは2011年にTVアニメ『青の祓魔師』の吉国役で声優デビューを果たし、『アイカツ!』の大地のの役、『アイドルマスター ミリオンライブ!』の天空橋朋花役など人気キャラクターを担当。 一方で、オーディオイベントへ出演したり、雑誌でオー...

同じカテゴリーのキーフレーズ

未分類

更新日: 246日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ