創作の責任をとれるのは誰なのか? Mika Pikazoの挑戦と哲学

創作の責任をとれるのは誰なのか? Mika Pikazoの挑戦と哲学

中指系ヒップホップ集団ARKHAMインタビュー なぜ彼らは“生き急ぐ“のか

中指系ヒップホップ集団ARKHAMインタビュー なぜ彼らは“生き急ぐ“のか

本棚から見える『バケモノの子』の世界 細田守は『白鯨』で何を伝えたかったのか

本棚から見える『バケモノの子』の世界 細田守は『白鯨』で何を伝えたかったのか

ポップカルチャーの最先端に
月1000円でアクセス

KAI-YOU Premium

KAI-YOU Premiumは月額定額のWebコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

¥1,000/月(税別)

ゲームの画像解剖 ドット絵表現が生み出した構図たち

ゲームの画像解剖 ドット絵表現が生み出した構図たち

米国で大麻アプリが乱立 元NY在住ライターが語る「グリーンラッシュ」のリアル

米国で大麻アプリが乱立 元NY在住ライターが語る「グリーンラッシュ」のリアル

エミネムと銃乱射犯を分かつもの 『Music To Be Murdered By』レビュー

エミネムと銃乱射犯を分かつもの 『Music To Be Murdered By』レビュー

韓国ユースカルチャーの曲がり角 ソウル発ファッション誌『MAPS』編集長の怒り

韓国ユースカルチャーの曲がり角 ソウル発ファッション誌『MAPS』編集長の怒り

「Weed売るより金になる」ヒップホップが変えた“価値” 転売ビジネス最前線

「Weed売るより金になる」ヒップホップが変えた“価値” 転売ビジネス最前線

“におい”はなぜ国境を超えたか 『パラサイト 半地下の家族』が描くカステラ、切り干し大根、ジャージャーラーメン

“におい”はなぜ国境を超えたか 『パラサイト 半地下の家族』が描くカステラ、切り干し大根、ジャージャーラーメン

KAI-YOU Premium presents「遊ぶ人集会」vol.2 「音楽にも物語を」公開対談 大石昌良×Tom-H@ck 開催

KAI-YOU Premium presents「遊ぶ人集会」vol.2 「音楽にも物語を」公開対談 大石昌良×Tom-H@ck 開催

韓国音楽のアンダーグラウンドシーンは停滞している? 文化政策からは見えない歪みと光

韓国音楽のアンダーグラウンドシーンは停滞している? 文化政策からは見えない歪みと光

スケーターがオリンピックを歓迎しない理由 宮下公園閉鎖とストリート

スケーターがオリンピックを歓迎しない理由 宮下公園閉鎖とストリート

花譜プロデューサー「PIEDPIPER」インタビュー バーチャルに託す音楽産業への愛憎

花譜プロデューサー「PIEDPIPER」インタビュー バーチャルに託す音楽産業への愛憎

「都心の路上はスケーターであふれる」? 宮下公園閉鎖についてスケーターが語ったこと

「都心の路上はスケーターであふれる」? 宮下公園閉鎖についてスケーターが語ったこと

アドベンチャーゲーム『No Man’s Sky』 自動生成が織りなす虚無の中心

アドベンチャーゲーム『No Man’s Sky』 自動生成が織りなす虚無の中心

 ハハノシキュウが看破した「戦極MCBATTLE」違和感の正体 革命は成っていた

ハハノシキュウが看破した「戦極MCBATTLE」違和感の正体 革命は成っていた

ニンテンドーラボで“大人の自由研究” オリジナルゲームを自作してもらう

ニンテンドーラボで“大人の自由研究” オリジナルゲームを自作してもらう

KAI-YOU Premium presents「ポップカルチャーの未来とメディアの役割」開催

KAI-YOU Premium presents「ポップカルチャーの未来とメディアの役割」開催

EditorsPick

編集部オススメ記事

エミネムと銃乱射犯を分かつもの 『Music To Be Murdered By』レビュー

エミネムと銃乱射犯を分かつもの 『Music To Be Murdered By』レビュー

和田拓也

2017年、アリアナ・グランデのマンチェスター公演終了後に起きた爆破テロを引用したリリックが物議を醸しているエミネム。新アルバムで「怒れる私小説家」エミネムは何を語りたかったのか。そしてどのように変容し、また変わることを拒んだのか。必見のレビューです。

和田拓也(編集/ライター)

韓国ユースカルチャーの曲がり角 ソウル発ファッション誌『MAPS』編集長の怒り

韓国ユースカルチャーの曲がり角 ソウル発ファッション誌『MAPS』編集長の怒り

和田拓也

インタビューでも自由な雰囲気のリュウ氏でしたが、現在の韓国カルチャーを異なる視点から捉えた言葉はとても興味深いです。韓国のカルチャーをさらに深掘りしたい方は是非読んでみてください。

和田拓也(編集/ライター)

KAI-YOU Premium

KAI-YOU Premiumは月額定額のWebコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

> さらに詳しく

ポップカルチャーの最先端に
月1000円でアクセス

¥1,000/月(税別)