川村元気

かわむらげんき

川村元気とは、日本の映画プロデューサー、小説家、脚本家、映画監督、絵本作家。1979年3月12日生まれ。神奈川県出身。プロデュース作品の代表作は『電車男』『世界から猫が消えたなら』『君の名は。』など

概要

川村元気とは、日本の映画プロデューサーである。神奈川県横浜市出身。1979年3月12日生まれ。STORY株式会社代表取締役プロデューサー。東宝株式会社映画・企画部所属。他にも小説家、脚本家、映画監督、絵本作家と多彩な一面を持つ。優柔不断な性格だが、物作りでは一番大事なことと考えている。

映画観については「みんなで高い山に登って、高い山から世界を見るような感覚」であると語り、小説は「ひたすら地底を掘っていって、“世界の真実のコア”を掘り当てるような感覚」であると語っている。

経歴

プロデューサー 映画監督

3歳にして映画館で『E.T.』を鑑賞する。怖かったが、自転車が飛ぶシーンにはとても感動した。

幼少期は保育園や幼稚園には通わず、日本語が不安な状態で小学校へ入学した。その影響もあってか子供の頃ならではの常識(男の子は青、女の子はピンクなど)にとらわれることなく、疑う癖がついた。

高校大学時代で年500本ものビデオを観ていたが、大学でドキュメンタリーを作る授業ではそれが災いし、つい過剰に演出してしまい教授に怒られていた。

2005年に公開された映画『電車男』で企画・プロデュースを担当。その後『告白』『悪人』『モテキ』など数多くの話題作を担当している。初監督は短編映画『どちらを選んだのかは分からないが、どちらかを選んだことははっきりしている』。こちらは第71回カンヌ国際映画祭短編コンペティション部門へノミネートされた。

脚本家 小説家 絵本作家

2012年『世界から猫が消えたなら』で小説家デビュー。この作品はのちに松坂桃李主演で映画化された。他にも『億男』『四月になれば彼女は』も発表している、こちらも映画化されいている。

初脚本は2018年『ドラえもんのび太の宝島』

佐野研二郎との共著である絵本『ふうせんいぬティニー』はシリーズで出版され、アニメ化もされている。他には『ムーム』『パティシエのモンスター』などを出版している。

その他

上記の仕事の他にEテレ『オドモTV』の総合演出や東京オリンピック・パラリンピック開閉会式のプランニングもおこなっている。

似たようなキーフレーズ

『さよならを教えて 〜comment te dire adieu〜』(コモン・トゥ・ディール・アデュー)は、2001年にビジュアルアーツ傘下のブランドであるCRAFTWORKから発売された成人向けのアドベンチャーノベルゲーム。 1990年代後半から多様な広がりを見せていた美少...

コレコレ(1989年8月12日-)とは、日本の配信者、YouTuber、アイドルプロデューサー。

泣きたい私は猫をかぶる はスタジオコロリドによる長編アニメーション映像作品。通称「泣き猫」 スタジオコロリドにとって2018年に第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞したペンギン・ハイウェイに続く2作目の長編作品となる...

マレーシアで2009年に製作・公開された映画。マレーシアアカデミー賞で4部門を獲得したほか、ベルリン国際映画賞、東京国際映画祭最優秀アジア映画賞に輝くなど大きな国際評価を受けた作品。 アジア屈指の女性監督と言われたヤスミン・アフマドの...

『BNA ビー・エヌ・エー』はアニメスタジオ・TRIGGER(トリガー)によるTVアニメ。フジテレビ「+Ultra」にて2020年4月放送。

堀江晶太とは、日本の作曲家、編曲家、ベーシストである。 ロックバンド「PENGUIN RESEARCH」のベーシスト、ボーカロイドプロデューサー「kemu」としても活動している。

シルバーテツヤさんは秋田在住、元教師のおじいさんにして、フォロワー12万人を超える人気インスタグラマー。

同じカテゴリーのキーフレーズ

アニメ・漫画

更新日: 380日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ