「韻への独占欲が芽生えてる」韻に特化したホメオティック遺伝子「韻マン」インタビュー

「韻への独占欲が芽生えてる」韻に特化したホメオティック遺伝子「韻マン」インタビュー

「韻マン」。なんと無駄のない、そして不遜なネーミングだろうか。 「ラップをするっていうより、韻を踏んでた」。韻マンは自らの始まりをそう振り返る。 韻を踏む男は、今ではMCバトルの用語としてある程度広まった「語感踏み」を生み出した人物でも…

「ラッパー」としての一歩を踏み出した韻マンが伝えたいこと、語らないこと

「ラッパー」としての一歩を踏み出した韻マンが伝えたいこと、語らないこと

「俺は韻マン、韻が好きだからただ踏んでるだけ」 これは、2019年に行われた「U-22MCBATTLE」の第4次予選の決勝で向けられた、「ヒップホップだともラッパーだとも思っちゃいねえよ」というT-TANGGのバースを受けた韻マンのアンサーだ。 T-TANGG vs 韻…