「トレパク」を誘発する業界構造 イラストレーター中村佑介が語る「トレパク」の本質

「トレパク」を誘発する業界構造 イラストレーター中村佑介が語る「トレパク」の本質

他者の著作物を無断でトレース(なぞり描き)し、盗作する行為を意味する言葉「トレパク」。 この語は10年以上前から存在し、イラストレーターやクリエイターのコミュニティではかねてより知られ、禁忌として扱われ続けてきた。 しかし、2022年2月に音…

二次創作と「トレパク」の差異と同一性 絵で重要な”自尊心”の教育

二次創作と「トレパク」の差異と同一性 絵で重要な”自尊心”の教育

イラストレーター・中村佑介さんは、本インタビューの前編で、その背景についてイラストレーションをめぐる業界構造にまで踏み込んで指摘。 日本における特有で偏ったSNSユーザーの性質、早く・安くを求めるクライアントの存在、作品の要素において「…

絵の本質を言葉にできたら「トレパク」も無くなるはず

絵の本質を言葉にできたら「トレパク」も無くなるはず

イラストレーションや表現を巡る状況や価値観は、常に時代によって変化を見せている。 インタビュー中編では、著作権違反としては同じく侵害の可能性がある「二次創作」が許される一方で、て「トレパク」をはじめとする”盗作”がなぜ批判され…

イラストレーターの責任と報酬 中村佑介が目指すポップの在り方

イラストレーターの責任と報酬 中村佑介が目指すポップの在り方

なぜ「トレパク」は起こるのか、「トレパク」は何がいけないのか。議論を重ねる中で見えてきたのは、SNS以降の業界の構造であり、イラストレーターという職業やイラストという表現への社会的な無理解性が大きく関与しているということだった。 そういった…