「本格は求められない」アニソンクリエイターがこだわる“にわか“感

「本格は求められない」アニソンクリエイターがこだわる“にわか“感

アニソンシンガー「オーイシマサヨシ」やシンガーソングライター「大石昌良」、ルーツであるバンド「Sound Schedule」など、いくつもの名義で活動を展開してきた大石昌良さん。 しかし、あまりの多忙さに自らの音楽制作に影響が出てしまったため、この4月…

なぜ大石昌良はポルシェを買ったことを明かすのか?

なぜ大石昌良はポルシェを買ったことを明かすのか?

共に最前線で活躍するクリエイターとして、互いの才能を認め合いながらも、好対照な大石昌良さんと堀江晶太さん。 楽曲の才能と同じく、現代において求められるクリエイターとしての“ブランド”力。それに対する、それぞれの距離のとり方…

「普遍性何パーセントにしますか?」作品の独自性との狭間で

「普遍性何パーセントにしますか?」作品の独自性との狭間で

報われないアニソンを救うための、それぞれの創意工夫が垣間見えてきた。 そして、作詞が苦手と語る堀江晶太さんに大石昌良さんが語るのは、大石流クロスワード作詞の極意…? そして、作家が常に考え続ける「アニソンはどこまでアニメに寄…

インターネットという島は、J-POPという本土と繋がった

インターネットという島は、J-POPという本土と繋がった

多くの共通点がありながら、互いに好対照でもある大石昌良さんと堀江晶太さん。 インターネット発のシーン、洋楽との距離感、新型コロナウイルスが興行に与えた衝撃と価値の転覆。今、そこで起きている変化について、その渦中で見つめ続けるクリエイ…