「勝負」についての考察

「勝負」についての考察

平成が終わりを迎えようとする今、世はまさに“大ゲーム時代”と言えるだろう。 私はスーパーファミコンが誕生した年の2月に生まれ、それゆえに娯楽と言えばまずはゲームだった。学校ではアニメやゲームの話題が中心だったし、新作ゲームソフト…

「プロゲーマー」という存在の不確かさと確かさ

「プロゲーマー」という存在の不確かさと確かさ

今やゲームは日常生活において、ほとんどの人にとって欠かせない存在となった。 スマートフォンの普及に伴い、アプリゲームは急激な成長を遂げた。その結果、据え置きハードや携帯機を購入することでしか遊べなかったゲームを、より多くの人が楽しめるよ…