「勝負」についての考察

Column

Series

  • 2019.03.27 12:00:00

近年、e-Sportsの隆盛が喧伝されるなど、YouTubeやTwichを中心にゲーム実況における環境整備が続き「ゲーム」を取り囲む環境が大きく変化している。

果たして、ゲームの「プロプレイヤー」はいかにしてゲームと向き合っているのだろうか。

「勝負」についての考察

平成が終わりを迎えようとする今、世はまさに“大ゲーム時代”と言えるだろう。

私はスーパーファミコンが誕生した年の2月に生まれ、それゆえに娯楽と言えばまずはゲームだった。学校ではアニメやゲームの話題が中心だったし、新作ゲームソフトの発売日には下校のチャイムと同時に学校を飛び出して友達の家に遊びに行っていたものだ──学校で出された課題のプリントを、教室の机に入れたまま。

そんなゲームに囲まれた世代と言える私でさえ、今のこの“大ゲーム時代”には驚きを隠せない。ゲームをプレイすることで生活をするプロが存在し、そんなプロの華麗なプレイを動画配信サイトで見て応援をする。こんな時代になるなんて

私たちが子供の頃に遊んでいた“ゲーム”は、平成が歳を取る間に老若男女に親しまれ、ゲームを用いた競技は「e-Sports」と呼ばれるようになり、今やオリンピック種目になろうかという話にまで発展している。日本のゲーム人口はおよそ3000万人とも言われており、つまり日本に在住する4人に1人はゲーマーなのだ。

いまやマイノリティからマジョリティとなった、ゲームという趣味。その魅力について、今回は話したい。

これから話す“ゲーム”とは、テレビゲームやPCゲーム、そしてカードゲームにボードゲーム、もちろんスマホゲームなど、あらゆるすべてを含めたものであることを、あらかじめ断っておく。

ゲームなんてやって何になるの? への回答

かくいう私も、「ゲームなんてやって何になるの?」とこれまで幾度となく言われ続けてきた。

私はトレーディングカードゲームの元祖にして、全世界で2千万人以上のプレイヤーとファンを持つ、『Magic: The Gathering』(マジック:ザ・ギャザリング)を10年以上もプレイしている、根っからのゲーマーだからだ。

カードゲーム好きが高じてここ数年は、毎年海外の大会に数回程度参加するようになるほどのゲーマーで、その甲斐あって昨年はチェコで行われた2千人規模の大会で9位に入賞した。『マジック:ザ・ギャザリング』を開発する会社であるWizards of the Coast(ウィザーズ・オブ・ザ・コースト)が定めるレベルプロの水準を現在も満たしており、いわゆるプロプレイヤーだ。

GPチェコ.jpg

筆者が参加したチェコでの『マジック:ザ・ギャザリング』大会の様子

また、私はプレイヤーとして『マジック:ザ・ギャザリング』を愛しているだけでなく、その面白さを言語化して他人に伝える、ライターの一面も持っている。

これまでに様々な記事を執筆し、戦略の解説やプレイヤーへの取材を通して『マジック:ザ・ギャザリング』の魅力などを多くの人に伝えてきた。

今回はその枠を飛び越えて、ゲームの魅力を伝えたい。だからこそ私は、この疑問から話をはじめることにする。

この続きはPremiumユーザー様限定となります、
ログインするか、無料お試し購読へお進みください。

30日間無料でお試し購読する

KAI-YOU Premiumは月額定額(税別1000円)のコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。