『パラサイト 半地下の家族』が描く身体性はなぜ国境を超えたか

『パラサイト 半地下の家族』が描く身体性はなぜ国境を超えたか

韓国映画誕生から100周年を数える2019年に韓国で公開されたポン・ジュノ監督 最新作『パラサイト 半地下の家族』は、様々な点においてエポックメイキングな作品だ。 昨年5月に本国で公開以来、1000万人を超える国内動員数を記録し大ヒットした本作が注目…

アジア至高の名作『タレンタイム』 伝説の女性監督の遺作が描いたマレーシア

アジア至高の名作『タレンタイム』 伝説の女性監督の遺作が描いたマレーシア

発見という映画体験は、観客に大きな興奮を与える。『タレンタイム 優しい歌』の鑑賞を通じ、筆者の胸をいっぱいにしたのはまさにそういった興奮だった。スクリーンに拡がる、世界の新たな側面を目撃することの歓び。そんな感覚を与えてくれた本作は、この連…

韓国映画『はちどり』が、なぜ『パラサイト』に次ぐ人気を誇ったか

韓国映画『はちどり』が、なぜ『パラサイト』に次ぐ人気を誇ったか

昨年『パラサイト 半地下の家族』が世に旋風を巻き起こしていた頃、インディペンデントシーンではもう一つの韓国映画が頭角を現していた。その作品『はちどり』は、韓国内で単館公開規模ながら15万人に迫る記録的動員数をマーク、またベルリン国際映画祭をは…

台頭するアジア系女性監督たち 彼女たちはなぜハリウッドで“声”を獲得したか

台頭するアジア系女性監督たち 彼女たちはなぜハリウッドで“声”を獲得したか

近年、アメリカのメジャー映画シーンではアジアをルーツに持つ女性フィルムメイカーたちの作品が、米映画史において類をみないほどに頭角を表している。 その代表例としては、中国系アメリカ人監督のキャシー・ヤンが挙げられる。今年公開されたDC映画『…