Vol.1 情報技術は、人間を進化させない

Vol.1 情報技術は、人間を進化させない

思想家・さん。 美少女ゲームやアニメ、漫画、現代小説など、様々なを横断的に論じ、“セカイ系”や“データベース消費”といった時代を象徴する概念を提唱。「ゼロ年代」と呼ばれる時代のサブカルチャー批評を牽引する存在として活…

Vol.2 ポップカルチャーから失われた感覚

Vol.2 ポップカルチャーから失われた感覚

思想家・東浩紀さん。 テクノロジーだけの発達では人間の内面には変化が訪れず、「人間はどう生きるべきか」という原点を問い直す必要があると語った前回。 そもそも、現在のポップカルチャーが失ってしまった感覚とは何なのか? 戦後に遡る、日本…

Vol.3 批評家とは、医者である

Vol.3 批評家とは、医者である

「どんな人でも必ず、批評が必要となる時が訪れる」。 2時間以上にわたるインタビューの中で、思想家・東浩紀さんが繰り返し口にし続けた言葉である。 コンテンツ批評が成立しなくなった時代にあって、批評はどんな役割を果たすのだろうか。 人…

Vo.4 「芸術家を育てる」とは人間を育てること

Vo.4 「芸術家を育てる」とは人間を育てること

「批評家を育てる」。 2010年、株式会社ゲンロンの前身となる合同会社コンテクチュアズを設立してから、およそ9年。 中小企業の経営者として部下と、日本を代表する思想家として若い論者と向き合ってきた東浩紀さんは、後進育成のため、当時と変わらな…