「88rising」とリッチ・ブライアン──ネット時代のアジア文化はいかに広がったか

「88rising」とリッチ・ブライアン──ネット時代のアジア文化はいかに広がったか

皆さま、こんにちは。RAq(@raq_reezy)です。 ラッパーとして活動しながら、もっと洋楽のヒップホップを日本語で楽しめるようになればといいなと思い「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」というメディアもやっています。よろしくお願いします。 この連…

ラッパーたちはなぜ、ドラッグを歌うのか?

ラッパーたちはなぜ、ドラッグを歌うのか?

どうも、RAqです。 ラッパーのリリックを中心に、アメリカのヒップホップ業界や社会状況を読み解いていこうというこちらの連載。今回はヒップホップと深い関わりのある「ドラッグ」について、客観的な事実や関連する歌詞と共に書いてみたいと思います。 …

アンチ・ヒップホップヒーローとしての「ビリー・アイリッシュ」

アンチ・ヒップホップヒーローとしての「ビリー・アイリッシュ」

17歳の若きシンガー・ソングライター、ビリー・アイリッシュが快進撃を続けています。 今年リリースされたデビューアルバム『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』はビルボード200で1位を獲得。ビリーは世界で初めてビルボード1位を獲得した21世紀…

グローバル化の抑止力としての「文化の盗用」

グローバル化の抑止力としての「文化の盗用」

こんにちは、RAq(@raq_reezy)です。 さて、「文化の盗用」(Cultural Appropriation)という概念がアメリカでは急速に広まっています。 「文化の盗用」は「他者の文化を許可なく用いること」といったような概念であり、特にマジョリティや権力の強い…

カニエ・ウエストはどこから来て、どこへ行くのか

カニエ・ウエストはどこから来て、どこへ行くのか

どうも、ラッパーのRAq(@raq_reezy)です。 今回とりあげるのは、僕が大好きなラッパーのカニエ・ウエスト(KANYE WEST)です。 近年のカニエといったら、政治的発言や授賞式で暴走するお騒がせセレブといったイメージが強いのではないでしょうか。 …

ストリッパーからラッパーへ Cardi Bは生き様で勝負する

ストリッパーからラッパーへ Cardi Bは生き様で勝負する

どうも、ラッパーのRAq(@raq_reezy)です! 2018年に、Cardi Bのデビューアルバム『Invasion of Privacy』がリリースされました。 Invasion of Privacy/画像はAmazonより 本作がリリースされたタイミングでKendrick Lamarらを擁するレーベル「TDE…

J.Coleを過小評価してないか? 最も賢く、偉大で、伝説的なラッパーの半生

J.Coleを過小評価してないか? 最も賢く、偉大で、伝説的なラッパーの半生

どうも、ラッパーのRAq(@raq_reezy)です。 今回は、J.Coleについて紹介したいと思います。 彼はヒップホップとしては珍しい客演なしというスタイルによる3枚目のアルバム『KOD』を2018年にリリース。Spotifyでは、初日の最大再生回数記録を上書きす…

『ブラックパンサー』の善と悪 ヒップホップの王ケンドリック・ラマーが示した姿

『ブラックパンサー』の善と悪 ヒップホップの王ケンドリック・ラマーが示した姿

こんにちは、RAqです。今回のお題は、続編も制作されている映画『ブラックパンサー』とそこに音楽を提供したケンドリック・ラマーについて。 同作は世界興行収入が13億ドル(日本円で1500億円)を突破し、米国では『アバター』(2009)に次いで歴代興行収…