「地雷原を全力疾走しているよう」早川書房 “ヤバい“新鋭SF編集者の仕事術

「地雷原を全力疾走しているよう」早川書房 “ヤバい“新鋭SF編集者の仕事術

劉慈欣の『三体』やテッド・チャン『息吹』、伴名練『なめらかな世界と、その敵』など、近年SF作品の話題作を次々と発表している早川書房。その中、現在若手SF作家のヒット仕掛け人として注目されている編集者が、早川書房の溝口力丸さんだ。 SFマガジン …

「1億冊売れる本を出したい」若手SF作家と仕掛けるムーブメントの設計

「1億冊売れる本を出したい」若手SF作家と仕掛けるムーブメントの設計

アニメ化が決定した『裏世界ピクニック』(宮沢伊織)や『大進化どうぶつデスゲーム』(草野原々)など、新進気鋭の若手作家の作品を手掛ける早川書房編集者の溝口力丸さん。 SNSやnoteでも出版情報やインタビューを積極的に発表し、作家とSFファンを巻き…

編集未経験、「好き」だけでブチ上げたお笑い誌『芸人芸人芸人』

編集未経験、「好き」だけでブチ上げたお笑い誌『芸人芸人芸人』

霜降り明星、ハナコ、宮下草薙、EXIT、四千頭身、かが屋といった「お笑い第七世代」のほか、アンダーグラウンドな気鋭の若手芸人も取り上げ、コアなお笑いファンから一目置かれる雑誌『芸人芸人芸人』(コスミック出版)。この雑誌を作りあげたのが、編集長…

“共感”の前に、“てめえ”はどうだ? カルチャージャーナリズム貫くHEAPSのコンテンツづくり

“共感”の前に、“てめえ”はどうだ? カルチャージャーナリズム貫くHEAPSのコンテンツづくり

アメリカ・ニューヨークに編集部の拠点を置く『HEAPS Magazine』。 ニューヨークの裏路地を牛耳っていたギャングの素顔を暴く連載、“荒廃した精神の墓場“と呼ばれる刑務所で働く精神科医の備忘録など、エッジの際立つコンテンツを日本の読者…