雑誌に幸福な“合併”はありうるか? 『怪と幽』創刊号

雑誌に幸福な“合併”はありうるか? 『怪と幽』創刊号

「雑誌が売れない、読まれない」という話は、もう聞き飽きるほど耳にしてきただろう。実際に取次ルート経由(定期購読や電子版以外による)の雑誌売上は減少の一途を辿っているし、それにともない雑誌広告も冷え込んでいる。 だがしかし、である。それだ…

王道ジャーナリズムの底力 『ニューズウィーク』百田尚樹現象

王道ジャーナリズムの底力 『ニューズウィーク』百田尚樹現象

『ニューズウィーク』日本版(CCCメディアハウス)の2019年6月4日号が「百田尚樹現象」と題し、ノンフィクションライター石戸諭による20ページにわたる特集記事を掲載した。 『永遠の0』『海賊と呼ばれた男』など数々のベストセラー作品を生み出してきた…

『文藝』特集「韓国・フェミニズム・日本」が示した文芸再起動の狼煙

『文藝』特集「韓国・フェミニズム・日本」が示した文芸再起動の狼煙

いまの時代に「文芸誌」はどうあるべきか。その問いに一つの回答を出したのが、この夏に行われた『文藝』(河出書房新社)の「文芸再起動」と称した大幅な誌面リニューアルだった。 2019年夏号から編集長が坂上陽子に交代し、アートディレクターに佐藤亜…

新生『STUDIO VOICE』アジア三部作が告げた旧来型「カルチャー誌」の終焉

新生『STUDIO VOICE』アジア三部作が告げた旧来型「カルチャー誌」の終焉

日本の「カルチャー誌」と呼ばれるものに対して、長いこと不信の気持ちを抱いていた。 「カルチャー誌」の定義は曖昧だが、映画や音楽からサブカルチャーまで広義の文化的な事象を扱い、主に若い世代に向けてつくられる、グラフィカルでありながらテキス…

新始動告げる『ゲンロン10』 思想家のしたためる「愛の実践」

新始動告げる『ゲンロン10』 思想家のしたためる「愛の実践」

思想家の東浩紀が編集する雑誌『ゲンロン』が、この9月に「第2期始動」と謳った第10号を刊行した。昨年10月以来、11ヶ月ぶりの刊行となる。 1993年に旧ソ連の作家アレクサンドル・ソルジェニーツィンの『収容所群島』を論じた文章で、批評家・柄谷行人が…

広告なき『暮しの手帖』は第5世紀にどこへ向かう? 美しきジャーナリズム

広告なき『暮しの手帖』は第5世紀にどこへ向かう? 美しきジャーナリズム

『暮しの手帖』は2019年8-9月号で「第5世紀」を迎えた。通巻100号を迎えるごとに新しい「世紀」を迎えたとするこの呼び方は、戦後を代表する編集者として名高い花森安治が考案したもので、『暮しの手帖』は今年で通巻400号を超えたことになる。 2002年か…