Vol.1『オーバーウォッチ』 現実は不条理でゲームには真実“しか“ない

Vol.1『オーバーウォッチ』 現実は不条理でゲームには真実“しか“ない

悪魔の誘いというものは、それと自覚されないものだ。誘った側も誘われた側も、よかれと思って誘いに乗る。その後は、もう散々だ。私の場合は貧乏が待っていた。あるいは失われた青春をもういちど取り戻す機会が待っていた。 なんの話か? 「『オーバ…