Series

連載

一つのテーマを、連続した企画として発信していく「連載」は、KAI-YOU Premiumの目玉コンテンツの一つです。

単発では伝わりづらい長期的視野を見据えたテーマはもちろん、気になる識者や著名人のロングインタビューや、特定のテーマを掘り下げたレポートやレビューなどを発信していきます。

2022年は、ジャマイカ独立60周年に当たる。ジャマイカから広がったレゲエは遠い日本にも辿り着き、ジャパニーズレゲエのパイオニア・MIGHTY CROWNが結成30周年を機にこの夏で活動休止となる。大きな地殻変動を迎えた今こそ、ジャパニーズレゲエは再考される必要がある──

長年日の丸レゲエを追ってきたライターのソロバンタン、大学で文化人類学を研究し著書に『レゲエという実践 ラスタファーライの文化人類学』を持つ神本秀爾が監修する、ジャパニーズレゲエの連載。

Photo by Patrick Superior on Unsplash

Stable DiffusionやChatGPTをはじめとする生成系AIの隆盛により、次々にWebサービスやアプリケーションが開発され、日進月歩の急速普及を果たしつつある現在。

利便性を飛躍的に高めることが期待されるAI技術だが、一方で、反発の声も少なくない。人間の仕事を奪いかねない、著作権や肖像権の侵害など、法的あるいは倫理的な数々の問題がそこには横たわっている。

本連載では、様々な視点を通して、AI時代をどう生きるかを考えていく。

星街すいせいと花譜──VTuber/Vシンガーの音楽シーンに君臨する2人の歌姫。片やVTuber史上初となる「THE FIRST TAKE」への出演を果たし、片やVTuberとして初の日本武道館公演を成功させ、今やその存在感はシーンの外側にも轟いている。
その2人が語らう言葉から、「VTuber/Vシンガーの音楽」がさらに飛躍するためのヒントを探っていく──。

日本のポップカルチャーにおいて、漫画の存在は大きい。

多くの映画やアニメーションなどの映像作品の原作という中心的な役割を担い、長年続く出版不況の中でも漫画のメガヒットは続いている。幼い子どもから、大人にまで、あるいは海外にまで届く射程の広さを漫画は持っている。

そして、主に漫画雑誌という連載媒体をほぼ変えないままに、今、ますます漫画は面白くなっている。

神話をベースにして読み解いた画期的な『HUNTER×HUNTER』批評で話題を読んだ気鋭の書き手・岩永亮祐が、現代の漫画、その物語の構造を解き明かす。

この連載を読めば、あの話題作や人気作がなぜ人を惹きつけるのかを理解することができる!

メジャーアーティスト、声優、プロゲーマー、音楽作家、小説家、VTuber……歌い手の第一線で活躍している人が、こうした領域にチャレンジする事例は多い。「歌い手=プラットフォームにカバー動画を投稿する人」というかつての認識では、追いつかない状況になってきているように思う。先駆者たちの活躍に憧れ、歌い手を志す若者も多い。歌が伸び、大成すれば、上記のようなさまざまな可能性も拓かれるだろう。一方でその競争は年々激化しており、ままならない現実に悩む人も多いのではないだろうか。

ボーカロイド同様ニコニコ動画で広がり、そして世の中へと浸透していった「歌ってみた」。先駆者たちのキャリア観を聞き、若い活動者たちの将来感が少しでも明るくなるような連載を目指す。

SNSを中心としたインターネットサービスの発展によって、個人が気軽に創作を発表できるようになった現在。

クリエイターが会社に属さなければ身を立てられなかった時代は終わり、様々な領域で個人作家たちが活動を展開している。

イラストレーターは刻一刻とその在り方が変容している職種の一つだ。

日々目にするものの中にも二次元イラスト的なプロダクトが増え、その活躍がオタク領域だけではなくなって久しく、SNSによってファンとの距離も密接となり、その振る舞いにタレント的な要素まで求められる場合も見られる。

本連載では領域が広がり続け、その定義も変わり続ける現在を確かに生き抜くイラストレーターにフォーカスし、新たな時代のイラスト表現の可能性やクリエイターの矜持を解き明かしていく。

本業は音楽家のたなか。彼が目下、音楽以外に打ち込んでいるのはゲームだ。

彼を夢中にさせるゲーム。彼がゲームに夢中になる理由。そして、ゲームをプレイしている最中の彼の頭の中は、どうなっているのか──。

たなかの綴る、ゲームエッセイ。

音楽に救われた日──“強く”あることを求められがちなラッパーも、悩み、苦しみ、自分と向き合って人の心を打つ音楽を生み出す。

その苦悩を通して、音楽という救済の意味を知る。

言語やバックグラウンド、活動の拠点、表現手法にとらわれないアーティストが、国内からも数多く現れている。Superorganismを筆頭に、んoon、Newspeak、YonYon、Moment Joon、Mitski、王舟など、挙げていけばキリがない。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. ...
  6. 14