アソビシステム代表 中川悠介インタビュー「原宿にこだわり続けて10年」

Interview

  • 2019.03.15 10:00:00

渋谷や銀座、恵比寿──場所がカルチャーの器となり、時代を駆動させてきた歴史がある。原宿はユースカルチャーの街であり続けたが、2000年代初頭までは、ポップカルチャーを推進するコンテンツ業界から軽視されてきた。

それでも原宿の可能性を信じ、こだわり続けた結果、世界を巻き込んだ1人の男がいた。原宿という場所の持つ力とは何なのか?

アソビシステム代表 中川悠介インタビュー「原宿にこだわり続けて10年」

ASOBISYSTEM(アソビシステム)は、きゃりーぱみゅぱみゅさんやcapsule中田ヤスタカさんといった現代を代表するアーティストが所属する会社。

その事業内容は幅広く、クラブイベントの企画運営にはじまり、ファッション事務所としての役割や、メディア運営なども行い、それぞれがリンクした複合的なビジネスを展開している。

カルチャープロダクションとしての横断的な活動は「カルチャー×ファッション×音楽の融合、そして原宿」というテーマのもとに行われ、多くの原宿系と呼ばれるアーティストやモデルが所属して様々なプロジェクトや作品を発表。その形容しがたい「アソビらしさ」から、若者を中心に支持を集めている。

ASOBISYSTEMの代表取締役社長をつとめる中川悠介さんに、創業の経緯やきゃりーぱみゅぱみゅ誕生の舞台裏、そして、原宿に10年以上こだわり続けるその真意を聞いた。

※本稿は、2013年6月「KAI-YOU.net」で配信した記事を再構成したもの

クラブから生まれたASOBISYSTEM

SOBISYSTEMが開催するイベント「ASOBINIGHT」

ASOBISYSTEMが開催するイベント「ASOBINIGHT」

──きゃりーぱみゅぱみゅさんの人気に顕著ですが、傍から見ていても、中川さん率いるASOBISYSTEMは飛ぶ鳥を落とす勢いの会社だと思います。まずはそんなASOBISYSTEMがどのように発足していったのでしょうか?

中川悠介 最初のきっかけは2002年に開催して5年間続けた「美容師ナイト」というクラブイベントを企画したことです。

月曜日だと安くクラブが借りられて、しかも美容師は平日の休みも多いから、原宿で有名な美容師にも出演してもらって1000人規模の集客があった。そのころ企画したメンバーと一緒に、これを会社にしたら面白いな、と思ったんですよね。そうやってイベントを続けていく中で、どんどん原宿関係のクリエイターやDJ、モデル、イベンターといった人脈が広がっていった。そこで一念発起してASOBISYSTEMをつくりました。

──これは僕らの経験で申し訳ないのですが、イベントでの収益化はとても効率が悪いし、リスキーなものだと思うのですが……。なぜそれを会社に?

中川悠介 そうですね(笑)。

NEXT PAGE (1/2)

なぜ原宿にこだわる?

この続きはPremiumユーザー様限定となります、
ログインするか、無料お試し購読へお進みください。

1ヶ月無料でお試し購読する

KAI-YOU Premiumは月額定額のWebコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。