ゆがみんさんの記事一覧

ライター

ゆがみん

1990年生まれの地方在住。インターネットに青春時代を持っていかれた。VRとesportsが関心領域。最近はnoteを拠点に活動している。

1990年生まれの地方在住。インターネットに青春時代を持っていかれた。VRとesportsが関心領域。最近はnoteを拠点に活動している。

最新記事

「個人」はもう限界? 平野啓一郎×DJ RIOでアバター社会を討論する

分人化するバーチャルなわたしたちの「本心」

「個人」はもう限界? 平野啓一郎×DJ RIOでアバター社会を討論する

「個人」はもう限界? 平野啓一郎×DJ RIOでアバター社会を討論する

分人化するバーチャルなわたしたちの「本心」

「個人」はもう限界? 平野啓一郎×DJ RIOでアバター社会を討論する

前編では、分人主義とバーチャルリアリティの関連性を身体を軸に語った平野啓一郎、DJ RIOの二人。 続く後編ではアバターと分人主義が社会に…

平野啓一郎×DJ RIO対談 バーチャル社会で分人主義は加速する

分人化するバーチャルなわたしたちの「本心」

平野啓一郎×DJ RIO対談 バーチャル社会で分人主義は加速する

平野啓一郎×DJ RIO対談 バーチャル社会で分人主義は加速する

分人化するバーチャルなわたしたちの「本心」

平野啓一郎×DJ RIO対談 バーチャル社会で分人主義は加速する

『ドーン』『私とは何か 「個人」から「分人」へ』で分人主義、人間を一つの「個人」ではなく、シチュエーションに応じた自分──様々な「分人」の総体…

一本道ではなかった、DUSTCELL以前の歩み 活動から芽生えた“自覚”

音楽ユニット「DUSTCELL」インタビュー 謎に包まれたヴェールの向こう側

一本道ではなかった、DUSTCELL以前の歩み 活動から芽生えた“自覚”

一本道ではなかった、DUSTCELL以前の歩み 活動から芽生えた“自覚”

音楽ユニット「DUSTCELL」インタビュー 謎に包まれたヴェールの向こう側

一本道ではなかった、DUSTCELL以前の歩み 活動から芽生えた“自覚”

ボーカルのEMAとコンポーザーのMisumiによって、2019年10月に結成されたDUSTCELL。 2021年現在、彼らを含めた「ネット発のアーティスト」はインタ…

他にない「DUSTCELL」という個性 時代を象徴する2人の、たった一つの掟

音楽ユニット「DUSTCELL」インタビュー 謎に包まれたヴェールの向こう側

他にない「DUSTCELL」という個性 時代を象徴する2人の、たった一つの掟

他にない「DUSTCELL」という個性 時代を象徴する2人の、たった一つの掟

音楽ユニット「DUSTCELL」インタビュー 謎に包まれたヴェールの向こう側

他にない「DUSTCELL」という個性 時代を象徴する2人の、たった一つの掟

ボーカルのEMAとコンポーザーのMisumiによって、2019年10月に結成されたDUSTCELL。 結成まもなく、クリエイティブレーベル・KAMITSUBAKI STUDIOへ…

ゲーム大好き漁師×富山e-Sports協会会長「ポップカルチャーが地方にできること、できないこと」

ゲーム大好き漁師×富山e-Sports協会会長「ポップカルチャーが地方にできること、できないこと」

ゲーム大好き漁師×富山e-Sports協会会長「ポップカルチャーが地方にできること、できないこと」

ゲーム大好き漁師×富山e-Sports協会会長「ポップカルチャーが地方にできること、できないこと」

e-Sportsが日本でも話題となって何年か経つ。e-Sports関連の団体が立ち上がり、プロ選手が様々な活動を広げ、多くのイベントが行われてきた。 そ…

「ゲーマー」はもはや死語 e-Sports市場の劇的変化とチーム運営の勝算とは

プロe-Sportsチーム「REJECT」オーナー・甲山翔也インタビュー

「ゲーマー」はもはや死語 e-Sports市場の劇的変化とチーム運営の勝算とは

「ゲーマー」はもはや死語 e-Sports市場の劇的変化とチーム運営の勝算とは

プロe-Sportsチーム「REJECT」オーナー・甲山翔也インタビュー

「ゲーマー」はもはや死語 e-Sports市場の劇的変化とチーム運営の勝算とは

「強さにベットするのが僕の中で無茶苦茶コスパが良かった」と語るプロe-Sportsチーム・REJECTのオーナー・甲山翔也さん。 インタビュー前編ではR…

100万人集める世界最大のVRイベントは、たった1人の“予感”から生まれた

急成長するVR法人HIKKY 「バーチャルマーケット」誕生秘話

100万人集める世界最大のVRイベントは、たった1人の“予感”から生まれた

100万人集める世界最大のVRイベントは、たった1人の“予感”から生まれた

急成長するVR法人HIKKY 「バーチャルマーケット」誕生秘話

100万人集める世界最大のVRイベントは、たった1人の“予感”から生まれた

何度目かのVR元年を乗り越え、ようやく本格的な発展をはじめたVR領域。 その革新的な業界をリードする「VR法人HIKKY」の舟越靖さんと動く城のフィ…

仮想空間に持ち込んではならないもの VR法人HIKKYの拓くVR経済圏

急成長するVR法人HIKKY 「バーチャルマーケット」誕生秘話

仮想空間に持ち込んではならないもの VR法人HIKKYの拓くVR経済圏

仮想空間に持ち込んではならないもの VR法人HIKKYの拓くVR経済圏

急成長するVR法人HIKKY 「バーチャルマーケット」誕生秘話

仮想空間に持ち込んではならないもの VR法人HIKKYの拓くVR経済圏

バーチャル空間につくられた会場で、アバターや3Dアイテムといったバーチャルな商品のみならず、アパレルなどのリアルな商品の売買が行われ、のべ100…

大学生オーナーが年俸1000万円を選手に払う理由 無双中のe-Sportsチーム「REJECT」インタビュー

プロe-Sportsチーム「REJECT」オーナー・甲山翔也インタビュー

大学生オーナーが年俸1000万円を選手に払う理由 無双中のe-Sportsチーム「REJECT」インタビュー

大学生オーナーが年俸1000万円を選手に払う理由 無双中のe-Sportsチーム「REJECT」インタビュー

プロe-Sportsチーム「REJECT」オーナー・甲山翔也インタビュー

大学生オーナーが年俸1000万円を選手に払う理由 無双中のe-Sportsチーム「REJECT」インタビュー

「日本からe-Sportsのイメージと常識を覆す。所詮ゲームなんて言わせない。」と挑戦的なコンセプトを掲げるプロe-Sportsチームがある。 それが『P…

何を「美しい」と思うか──美学の差異 loundraw×れおえん 対談

時代を映すクリエイター loundraw連続対談

何を「美しい」と思うか──美学の差異 loundraw×れおえん 対談

何を「美しい」と思うか──美学の差異 loundraw×れおえん 対談

時代を映すクリエイター loundraw連続対談

何を「美しい」と思うか──美学の差異 loundraw×れおえん 対談

10代でイラストレーターとしてデビューし、2019年にアニメーションスタジオ「FLAT STUDIO」を設立したloundraw。 2020年にオンラインでの連続対談…

イラストレーターとファッションには遠い隔たりがある? loundraw×雪下まゆ 対談

時代を映すクリエイター loundraw連続対談

イラストレーターとファッションには遠い隔たりがある? loundraw×雪下まゆ 対談

イラストレーターとファッションには遠い隔たりがある? loundraw×雪下まゆ 対談

時代を映すクリエイター loundraw連続対談

イラストレーターとファッションには遠い隔たりがある? loundraw×雪下まゆ 対談

10代でイラストレーターとしてデビューしたloundrawが、2019年にアニメーションスタジオ「FLAT STUDIO」を設立。 2020年にオンラインでの連続対談…

「絵が上手い」は、イラストレーターの評価軸にはならない loundraw × 有馬トモユキ対談

時代を映すクリエイター loundraw連続対談

「絵が上手い」は、イラストレーターの評価軸にはならない loundraw × 有馬トモユキ対談

「絵が上手い」は、イラストレーターの評価軸にはならない loundraw × 有馬トモユキ対談

時代を映すクリエイター loundraw連続対談

「絵が上手い」は、イラストレーターの評価軸にはならない loundraw × 有馬トモユキ対談

10代でイラストレーターとしてデビューしたloundraw。小説やCDのイラスト、TVアニメのキャラクター原案、漫画や小説の執筆、作詞と、その活動は多岐…

おすすめ記事

KAI-YOU Premium

KAI-YOU Premiumは月額定額のWebコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

> さらに詳しく

ポップカルチャーの最先端に
月1,100円(税込)でアクセス

¥1,100/月(税込)