Column

  • 2022.05.27

ヒップホップ名物“ビーフ”の意味と解説から知る、日本語ラップ事情

ディスに対してアンサーを返すヒップホップ文化における「ビーフ」。日本語ラップのビーフ事情とは?

※本稿は、2016年に「KAI-YOU.net」で掲載されたものを再構成している

ヒップホップ名物“ビーフ”の意味と解説から知る、日本語ラップ事情

クリエイター

この記事の制作者たち

ヒップホップにおけるビーフについて書くよう依頼を受けた。

しかし「そもそもビーフって何?」という読者も多いはずだ。まずそこから簡単に解説しよう。

目次

  1. ビーフは、間違いなくヒップホップの目玉のひとつである
  2. 日本のビーフ事情とは 「K DUB SHINE VS DEV LARGE」から考える
  3. ビーフ「K DUB SHINE VS DEV LARGE」のポイントは2つ
  4. 必ずしもディスに対するアンサーがあるわけではない
  5. 過熱したビーフは肉弾戦にも発展
  6. エンターテイメントに振り切ったビーフも
  7. 日本のヒップホップに、ビーフは華を添えるのか?

ビーフは、間違いなくヒップホップの目玉のひとつである

ビーフとは、ラッパー同士が楽曲を通してディスりあうことなどを指す。では、なぜ「牛肉」(BEEF)なのか。

元ネタは1984年にアメリカで放送されたファストフードチェーン・ウェンディ―ズのテレビCMだ。このCMでは他社のハンバーガーの肉の小ささを揶揄するため「肉はどこ?」(Where's the beef?)と繰り返す。

この挑発的なキャッチフレーズから、BEEFがディスりあいを意味するようになった。

Where's the Beef

アメリカのヒップホップでは、今に至るまでビーフが絶えない。というより、ビーフがヒップホップの目玉のひとつであると言ったほうがよいだろう。

西海岸勢と東海岸勢のラッパー達がディスりあった東西抗争が最も有名だ。このビーフはノトーリアス・B.I.G.2PACがそれぞれ銃殺されるという最悪の結果になった。

ほかにも、2000年代前半に合計7曲でお互いをディスりあったJay-ZとNas、ヒップホップ雑誌『The Source』をディスったエミネムなど、トップのラッパー達もビーフに参加している。

Eminem - The Sauce (Benzino Diss) [Music Video]

近年でもドレイクとミーク・ミル、カニエ・ウェストとウィズ・カリファ、同じくカニエとテイラー・スウィフトなどのビーフが記憶に新しい。

日本のビーフ事情とは 「K DUB SHINE VS DEV LARGE」から考える

では日本のビーフ事情はどうだろうか。

10日間無料でおためし

STEP 01

アカウントを作成

STEP 02

お支払い情報を入力

STEP 03

サブスク登録完了!

NEXT PAGE (1/3)

有名なビーフ「K DUB SHINE VS DEV LARGE」からわかること