異端の映像作家 大月壮インタビュー「個性なんてただの情報」

Interview

  • 2019.03.15 10:00:00

日夜YouTubeやニコニコ動画に数多の作品が投稿され、バイラルメディアが注目を集め、SNSでそれがシェアされてゆく現在。

人類の前に映像作品が姿を現してから約120年が経ち、映像と人との距離が最も近づいてる時代に、映像作家は映像とどう向き合うべきなのか?

異端の映像作家 大月壮インタビュー「個性なんてただの情報」

エッジの効いた作風から「鬼才」「クセ者」と呼ばれ注目を集めている映像作家・大月壮さん。

格ゲーとHIPHOPを融合させた世界初のMCバトルシステム「STREET CYPHER 2」の開発や、KLOOZさんや上坂すみれさんをはじめとする様々なアーティストのMVを制作してきた。

インタビューにあたって、映像との出会いから、作品に色濃く見えるゲームからの影響、インターネットや現在のメディア環境までをうかがった。

クセ者らしく一筋縄ではいかない予想外の返答と、その行間からにじみ出る、ものをつくることの楽しさをぜひ感じてもらいたい。

※本稿は、2014年3月「KAI-YOU.net」で配信した記事を再構成したもの

僕はインターネット上では海賊だった

大月さんの関わった、上坂すみれさんのMV

──映像作家としてお仕事をされていますが、そもそものきっかけは何だったのでしょうか?

大月 僕が高校2年くらいの時に、兄貴が親にマックを買ってもらったんです。っていうのも、母がフラワーアレンジメント教室の先生をやってたんですが、兄貴が「これからはホームページの時代だ! 俺がつくってあげるよ」って言って、母をだまくらかした(笑)。

その結果、我が家にMacがやってきて僕も触るようになりました。母は早々にインターネットにハマって「薔薇の香り」っていうハンドルネームで活動してました(笑)。

兄貴はちょっとギークで変わってて、小学生の頃から簡単なプログラムを書いてたんです。僕は子どもの頃、彼がつくった謎のレースゲームとかで遊んでました。

ゲームはやっぱりずっと好きで、中学校の時には『マリオペイント』で遊んだりしてたんだけど、同じ感覚でマックに当時入っていた「クラリスドロー」っていうソフトで絵を描いたりしてました。

そうやって遊んでるうちに高3の受験期になっていて、進路を考えたんですけど、どこの大学にも行けないような成績で。そんな時お正月にテレビを見てたら、3DCGを使ったパルコのCMが流れて、衝撃を受けたんです。

当時も『バーチャファイター』や『トイ・ストーリー』など3DCGを使った作品はあったんですけど、そのCMのCGはこれまでに見たことのない個性的なものだった。その時「なんかこれおもしろい、スゲーつくりてえ!」って思って調べたら、それをつくったのが谷田一郎さんだということがわかりました。

それでさっそく谷田さんが載ってる本を買いに行ったんです。そこで入手したのが『DIGITAL BOY』という雑誌。インターネットカルチャー全般を扱っているようなもので、3DCGだけじゃなくって、ハッキングとかテクノやトランスについても触れていて、ニューエイジ感があったなあ。

谷田さんのほかにも、宇川直宏さん、田中秀幸さん、タナカカツキさんといった方々が載っててめちゃおもしろくて、それが僕の初期衝動でした。

その時に大月さんが購入した『DIGITAL BOY』1996年3月号

その時に大月さんが購入した『DIGITAL BOY』1996年3月号

──初めからデジタル作品に魅了されたんですね。でも実際それを自分でつくろうと思うと、色々なソフトが必要になってきますよね。高校生には荷が重い気もします。

大月 そこなんですよ。僕は3DCGをただつくりたかったんだけど、調べるとみんな最初にPhotoshopってものを使ってるってことがわかったんです。そこでこれが、どうも基礎らしいって気づいた(笑)。あと静止画を取り込むための、スキャナーというものがあるということもわかった。それをさっそくお年玉で買いました。

ソフトは色んな調達の仕方をしたなあ。

NEXT PAGE (1/3)

僕は海賊だった

KAI-YOU Premiumは月額定額のWebコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

この続きはPremiumユーザー様限定となります、
ログインするか、無料お試し購読へお進みください。

1ヶ月無料でお試し購読する