「人を傷つけたくないし、自分も傷つきたくない」2人の本音と未来の話

Interview

Series

  • 2019.07.31 19:00:00

第一線で活躍し続けるクリエイターの中に、何も考えていない人間というものは存在しない。

自分を客観視し、どの道を登るのか。その決断、そこに到るまでの過程はすべて独自ながら、翻って自分自身を考えるにあたって、傾聴すべき大きな価値がある。

 「人を傷つけたくないし、自分も傷つきたくない」2人の本音と未来の話

“声優”という稼業、“音楽家”という稼業。時代と共に変化するシーンの中で、自分という存在をどう位置付けるのか。

それぞれの立場からお互いの領分にまで話が及んだ、大石昌良さんと櫻井孝宏さんとの貴重な対談。

共にアニメを支える“スタッフ”としての共通点と差異、そして人としての2人のやっぱりどこか似ている部分とは?

撮影:I.ITO

主題歌は作品の顔

大石 声優さんにとって主題歌ってどういう存在なんでしょう? やっぱりいい主題歌だと気分も上がりますか?

櫻井 主題歌は作品の顔ですし、キャストに与える影響は大きいと思いますよ。

僕の子どもの頃はみんながアニメを見ていて、アニソンとは呼んでいませんでしたが、アニメの歌はみんな当たり前に歌えたんです。

大石 作品のタイトルが歌詞に必ず出てくるような時代ですね。

櫻井 そういう曲はいまだに覚えていますしね。僕はレコードを集めることも好きなんですが、思い出深いアニソンは今になってレコードを買うなんてこともあります。

そんな時代の曲とはまた違いますけど、主題歌が作品の顔であることに変わりはないと思ってます。

大石 主題歌に何が課せられているのかは作家陣として意識しているので、声優さんにそう言っていただくのはありがたいです。

今でこそ出演声優さんが主題歌も歌うなんてことも増えましたが、僕らみたいなアニソンアーティストと声優さんって壁がありますよね

30日間無料でお試し購読する

KAI-YOU Premiumは月額定額(税別1000円)のコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

NEXT PAGE (1/3)

声優とアーティストの壁?