ドリームポップからチルウェイブ、インディーゲームを結ぶ補助線

Column

Series

  • 2019.07.08 20:30:00

インターネットはグローバリズムを加速しただけではない。結果として分断されたカルチャーやジャンルが確かに存在する。

それらを再び繋ぎ直す補助線。

ドリームポップからチルウェイブ、インディーゲームを結ぶ補助線

YouTubeやSoundCloud以降、欧米のインディーレーベルや、レーベル未所属のアーティストが急増。日本にやって来ない大型Webサービスも数多く、しかもプロモーションの方法が激変したため、日本には一部の界隈の情報が入り難くなっています。

一方で、欧米では非常に奇妙で新しい、“ムーンサイド”としか形容できないシーンがボコボコとものすごい勢いで乱立。中には、インディーゲームシーンやグラフィックデザイン、巡り巡って日本のイラストや映像にまで影響を与え始めているシーンまでも登場しています。

この連載では、そんな「ムーンサイド」な海外の音楽事情をご紹介。前回は、ナードな音楽とインディーとの蜜月の様子から、インディーエレクトロニック(Indie Electronic)と呼ばれる音楽ジャンルを取り上げました。

ナードミュージックとゲームとの邂逅 I Fight Dragons
インディーエレクトロのThe Naked And Famous

ちなみに、このインディーエレクトロニックなどと呼ばれていたジャンル一帯は、ここ2年の間にすべて「シンセポップ」という呼び方で統一されたようです。 80年代に隆盛した「シンセポップ」のリバイバルという位置づけです。

今回は、「ドリームポップ」という音楽の潮流から、インディーゲーム音楽との関わりまでを見ていきます。

※本稿は、2015年11月に「KAI-YOU.net」で配信した記事を再構成したもの

インディーレーベルへの移籍が急増

前回、前々回でもご紹介いたしましたが、00年代終盤、商業的にも、そして音楽的にも新たな音楽シーンが、ネット上で芽生えました。

その流れに感化されるメジャーアーティストも現れ、あえてインディーレーベルに移籍し、自分自身の手で制作からプロモまでを自前で行い始めます。

たとえば、Björk(ビョーク)や元The White Stripes(ザ・ホワイト・ストライプス)のJack White、Trent Reznor(トレント・レズナー)、Metallica(メタリカ)などがその例。

実を言うと、結局は宣伝などの“音楽制作以外の作業”に飽き飽きして、メジャーに戻ってしまったアーティストが多いのですが、とにかく2010年前後はメジャーアーティストのインディーへの移籍が目立った時期でした。

Björkの『Biophilia』は、世にも珍しい「iPadアプリケーション」アルバム(当時iPadが発売されたばかりでした)。メジャーとインディーのそれぞれの体制のいいとこ取りをして、ようやく実現したのだとか。

このフォントや映像…!

björk: full biophilia app suite

2012年、Jack Whiteがメジャーから、久々のインディーに帰って活動を行った拠点は、Jack White自身が立ち上げに関わったインディーレーベル「Third Man Records」。

彼が2012年に発表した限定Vinyl盤シングルの「Freedom At 21」は、大量の風船にビニールレコードをくくりつけて空に飛ばして配布したという、何ともインディーらしいDIY精神に則ってリリースされた作品でした。

Flexi Disc Balloon Launch for Jack White - Freedom At 21

その一方で、むしろメジャー・インディーどころか一切の商業レーベルに所属しない、完全独力のアーティストが増えたことも、特筆に値します。

例えば前回ご紹介したRonald Jenkeesがその例です。

NEXT PAGE (1/3)

ドリームポップからチルウェイブへ

この続きはPremiumユーザー様限定となります、
ログインするか、無料お試し購読へお進みください。

1ヶ月無料でお試し購読する

KAI-YOU Premiumは月額定額のWebコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。