月ノ美兎インタビュー “わたくし“では隠しきれない“私”という魂の輝き

Interview

  • 2021.06.26 19:00:00

2018年2月にデビューし、今も独自のポジションで存在感を放つ月ノ美兎。

デビュー直後の同年4月に取材した、貴重なインタビュー。

月ノ美兎インタビュー “わたくし“では隠しきれない“私”という魂の輝き

2017年末から始まったバーチャルYouTuber(VTuber)ブームは、今も多くの視聴者を魅了している。

心を惹かれるのは多様なキャラクターたち。群雄割拠のなか、異彩を放つ存在があった。

それがサブカル委員長、月ノ美兎だ。

月ノ美兎さん

月ノ美兎さん

独自のセンスとキレすぎるトークで頭角を表すと、チャンネル登録者数は瞬く間に10万人を突破。先日行われたラジオと称した生配信には延べ4万人を集めるなど、大きな注目を集めている。

カルチャーをクロスオーバーに取り扱うKAI-YOUとしては彼女の存在を無視することはできない。

※本稿は、「KAI-YOU.net」にて2018年4月に配信された記事を再構成して掲載したもの

目次

  1. 月ノ美兎が所属するにじさんじって?
  2. 自由な環境がもたらした"洗濯機の上"という聖域
  3. 「サブカル委員長」を形成するものとは?
  4. 月ノ美兎自身が分析する「私」
  5. 夢のバーチャルアイドルへ

月ノ美兎が所属するにじさんじって?

にじさんじ

にじさんじ

インタビューの前に、バーチャルYouTuber界でも異質な存在感を放つバーチャルライバー集団「にじさんじ」を紹介したい。

「にじさんじ」はANYCOLOR株式会社(元・株式会社いちから)が展開するバーチャルライバーグループ。基本的には生放送で動画配信を行っており、現状そのすべてが2Dキャラクターであることがその特徴だ。

8名の1期生に続き、10名の2期生が続々とデビューしており、いずれも競争率の高いオーディションを勝ち抜いてその座についている。

にじさんじ1期生

一部だが、にじさんじ1期生たち。委員長から小学生、エルフまで多様なキャラクターが並ぶ。

そう、ほかのバーチャルYouTuberと最大の違いは、キャラクターのオーディションを公言していることだろう。つまり、彼女たちには明確な"前世"(≒中の人)が存在するというわけだ。

今回は、もはや隠しきれていない個性を放つ月ノ美兎の魂にフォーカス。彼女の隣にいるかのような存在感と、それとは裏腹に影すら捉えきれないミステリアスさの根源を探っていく。

私達はまだ月ノ美兎という深淵を彷徨いはじめたばかり。

自由な環境がもたらした"洗濯機の上"という聖域

ディスプレイを介していることもあって未来の取材感がしています。

ディスプレイを介していることもあって未来の取材感がしています。

──本日はよろしくお願いします。失礼なんですがまずは自己紹介をお願いしてもよいですか?

月ノ美兎 起立! 気をつけ! こんにちは月ノ美兎です。高校2年生で、ツンデレ学級委員をやっています。

学園物のヒロイン的なポジションをやらせていただいています。清楚系の黒髪ロング委員長です。よろしくお願いします。

──よろしくお願いします! 「委員長」からは大分逸脱したキャラクターになってきていたので(当初の自己紹介のままで)安心しました。初めての生放送時からかなり飛ばしていましたが、どのような気持ちで自己紹介されてたんですか?

月ノ美兎 自己紹介は自然に……だけど好きな映画があると言ったとき、背景にけっこうエゲつない映画をチョイスして表示していたので、映画に詳しい人がつっこんでくれたらとは思っていました。

モツの方が盛り上がっているのはちょっと意外でしたね(笑)

※好きな食べ物として挙げた「モツ」の見た目を赤子の拳に喩えて、初っ端からVTuber界に大きな衝撃を与えた。

10分で分かる月ノ美兎【にじさんじ公式】

初めての生放送をするやいなや、さっそく委員長キャラが崩壊した/10分で分かる月ノ美兎【にじさんじ公式】より

──今回はにじさんじを運営されているいわながさんにも同席していただいています(2021年に岩永氏は独立)。「にじさんじ」グループとしての活動はどのようにはじまったのでしょうか。

いわなが 僕はニコニコ生放送でのコメントを介した双方向コミュニケーションというものに魅力を感じていました。

だからバーチャルYouTuberのようなキャラクターとのコミュニケーションは、ユーザーにかなり付加価値の高い面白いものができるなと思ったんです。

──なるほど、月ノさんの「サブカル委員長」というあだ名もコミュニケーションから生まれたものですもんね。月ノ美兎さんがそう呼ばれるようになったのは、豊富なカルチャー知識からだと思うのですが影響を受けた方は存在するんですか?

10日間無料でおためし

KAI-YOU Premiumは月額定額(1,100円/税込)のコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

NEXT PAGE (1/3)

デビューから2月後の、貴重なインタビュー