小田駿一さんの記事一覧

Photographer

小田駿一


1990 年生まれ。渡英し独学で写真を学ぶ。 2017 年独立。2019 年に symphonic 所属。人物を中心に、雑誌・広告と幅広く撮影。 アートワークとしては、2020年に緊急事態宣言下、東京の夜の街を撮影した「Night Order」シリーズを発表。2021年には、「Gallery of Taboo」を主催し、新作の「OTONA性 - 百面相化する自己意識の果てに」を発表した。社会との繋がりの中から着想を得て、人の心と行動を動かす「Socio-Photography」を志向する。


1990 年生まれ。渡英し独学で写真を学ぶ。 2017 年独立。2019 年に symphonic 所属。人物を中心に、雑誌・広告と幅広く撮影。 アートワークとしては、2020年に緊急事態宣言下、東京の夜の街を撮影した「Night Order」シリーズを発表。2021年には、「Gallery of Taboo」を主催し、新作の「OTONA性 - 百面相化する自己意識の果てに」を発表した。社会との繋がりの中から着想を得て、人の心と行動を動かす「Socio-Photography」を志向する。

最新記事

シャブに溺れた日々、洗脳部屋からの一世一代のバックれ──Masato Hayashiが語ったトラウマ

音楽に救われた日

シャブに溺れた日々、洗脳部屋からの一世一代のバックれ──Masato Hayashiが語ったトラウマ

シャブに溺れた日々、洗脳部屋からの一世一代のバックれ──Masato Hayashiが語ったトラウマ

音楽に救われた日

シャブに溺れた日々、洗脳部屋からの一世一代のバックれ──Masato Hayashiが語ったトラウマ

悲しいとか過去痛み でも知ってる楽しいとか今未来 暴かれるあの嘘とか死 まだ忘れてない あの人魂Masato Hayashi「Lava Lamp」 もしあの時し…

「歌舞伎町は、犯罪の境界も曖昧」元ホストのラッパーが暴く、新宿の闇

釈迦坊主×佐々木チワワ「歌舞伎町」学

「歌舞伎町は、犯罪の境界も曖昧」元ホストのラッパーが暴く、新宿の闇

「歌舞伎町は、犯罪の境界も曖昧」元ホストのラッパーが暴く、新宿の闇

釈迦坊主×佐々木チワワ「歌舞伎町」学

「歌舞伎町は、犯罪の境界も曖昧」元ホストのラッパーが暴く、新宿の闇

これほど歌舞伎町周辺が世界の耳目を集めた時代はないだろう。 若年層を中心に独自のコミュニティを形成するも、事件やトラブル、死傷者も続出し…

「死んでたと思う」 Jinmenusagiが、デパスにロヒを手放せなかった夜を越えて

音楽に救われた日

「死んでたと思う」 Jinmenusagiが、デパスにロヒを手放せなかった夜を越えて

「死んでたと思う」 Jinmenusagiが、デパスにロヒを手放せなかった夜を越えて

音楽に救われた日

「死んでたと思う」 Jinmenusagiが、デパスにロヒを手放せなかった夜を越えて

ラッパー・Jinmenusagi。活動から10年超、現在32歳である。 ニコニコ動画でのラップ投稿──いわゆるニコラップからその歩みを始め、今も極めて特殊…

「みんな何かをパクってることに変わりない、ただ──」Jinmenusagiの目線

音楽に救われた日

「みんな何かをパクってることに変わりない、ただ──」Jinmenusagiの目線

「みんな何かをパクってることに変わりない、ただ──」Jinmenusagiの目線

音楽に救われた日

「みんな何かをパクってることに変わりない、ただ──」Jinmenusagiの目線

東京都千代田区と新宿区、2つの区を跨る土地に位置する市ヶ谷駅付近には、もともと江戸城のお濠の一部である外堀と名物の釣り堀、市ヶ谷フィッシュセ…

「後悔も反省もしてない」逮捕・収監されたラッパーが放つ言葉の弾丸

NORIKIYO『犯行声明』インタビュー 逮捕の“真相”

「後悔も反省もしてない」逮捕・収監されたラッパーが放つ言葉の弾丸

「後悔も反省もしてない」逮捕・収監されたラッパーが放つ言葉の弾丸

NORIKIYO『犯行声明』インタビュー 逮捕の“真相”

「後悔も反省もしてない」逮捕・収監されたラッパーが放つ言葉の弾丸

膝を抱えて今うなだれる? いや、こりゃそういう類の歌じゃねぇ 他人も運命も恨まねぇ 悲哀に浸る時間ってのはくだらねぇNORIKIYO「あの~」より …

「俺にとってのラップゲームは、短距離走じゃない」

NORIKIYO『犯行声明』インタビュー 逮捕の“真相”

「俺にとってのラップゲームは、短距離走じゃない」

「俺にとってのラップゲームは、短距離走じゃない」

NORIKIYO『犯行声明』インタビュー 逮捕の“真相”

「俺にとってのラップゲームは、短距離走じゃない」

特に言うことはねぇんだ下衆に  おりゃ袋の中のネズミ? 娑婆で子供と見たミッキー   パパはハマってんだ今ミッフィー 檻で口を閉…

「ラッパーやめようと思ってた」アルコール依存になったAuthorityがBATTLE SUMMITで優勝するまで

音楽に救われた日

「ラッパーやめようと思ってた」アルコール依存になったAuthorityがBATTLE SUMMITで優勝するまで

「ラッパーやめようと思ってた」アルコール依存になったAuthorityがBATTLE SUMMITで優勝するまで

音楽に救われた日

「ラッパーやめようと思ってた」アルコール依存になったAuthorityがBATTLE SUMMITで優勝するまで

「この国は今病んでる」これは1000万円という大金を手にした直後、Authorityというラッパーが日本武道館の壇上で叫んだ言葉だ。 村八分的な雰…

「どうしてもMCバトルで結果を出したかった」Authorityの本音。1000万円は掴んだ、けど──

音楽に救われた日

「どうしてもMCバトルで結果を出したかった」Authorityの本音。1000万円は掴んだ、けど──

「どうしてもMCバトルで結果を出したかった」Authorityの本音。1000万円は掴んだ、けど──

音楽に救われた日

「どうしてもMCバトルで結果を出したかった」Authorityの本音。1000万円は掴んだ、けど──

Authorityは明らかに戸惑っていた。自らに向けられるヘッズたちの視線とイメージと、実像とのギャップに。 「ラッパーなのに、こんなに“良…

CHICO CARLITOが、麻雀と酒浸りの生活から抜け出してラッパーとしてステージに戻った日

音楽に救われた日

CHICO CARLITOが、麻雀と酒浸りの生活から抜け出してラッパーとしてステージに戻った日

CHICO CARLITOが、麻雀と酒浸りの生活から抜け出してラッパーとしてステージに戻った日

音楽に救われた日

CHICO CARLITOが、麻雀と酒浸りの生活から抜け出してラッパーとしてステージに戻った日

「人生は戦い」──失意のまま、故郷、沖縄へ戻ったラッパー・CHICO CARLITO。しかし、我々の前にいるCHICO CARLITOは、そのことを感じさせないほど晴…

「ヒップホップでナシだったことがアリになったらいい」ELIONEという特異性

相反する2つの才能──ELIONEインタビュー

「ヒップホップでナシだったことがアリになったらいい」ELIONEという特異性

「ヒップホップでナシだったことがアリになったらいい」ELIONEという特異性

相反する2つの才能──ELIONEインタビュー

「ヒップホップでナシだったことがアリになったらいい」ELIONEという特異性

ラッパー/プロデューサーであるELIONEという多才かつ稀な才能の持ち主がどのようにして誕生したのか。 一時期メディア露出を控えていたELIONEの…

ELIONEの99% ストリートからメジャーまでを行き来する稀有な才能

相反する2つの才能──ELIONEインタビュー

ELIONEの99% ストリートからメジャーまでを行き来する稀有な才能

ELIONEの99% ストリートからメジャーまでを行き来する稀有な才能

相反する2つの才能──ELIONEインタビュー

ELIONEの99% ストリートからメジャーまでを行き来する稀有な才能

マルチな才能で活躍する──メディアではそんな陳腐な常套句で片付けられてしまうかもしれない。確かにELIONEは、ラッパーとしてだけでなく、プロデュ…

おすすめ記事

KAI-YOU Premium

KAI-YOU Premiumは月額定額のWebコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

> さらに詳しく

ポップカルチャーの最先端に
月1,100円(税込)でアクセス

¥1,100/月(税込)