漢 a.k.a. GAMI 出所後インタビュー「俺がリアルにこだわるのは、助かるための武器だから」

Interview

Series

  • 2020.08.24 20:00:00

ラッパーの漢 a.k.a. GAMIが、乾燥大麻を所持していたとして、2020年5月に逮捕された。それを契機に、自身の会社・鎖 GROUPの代表を辞任し「MC漢」として再出発することを発表した。

その飾らない胸中について。

漢 a.k.a. GAMI 出所後インタビュー「俺がリアルにこだわるのは、助かるための武器だから」

ラッパーの漢 a.k.a. GAMI(MC漢)が2020年5月2日、乾燥大麻を所持したとして東京都新宿区の自身が代表を務める鎖カフェ(9sari café)近くで逮捕された。

デビュー当時からハスラー(イリーガルな商売をする人の総称)を標榜し、新宿のリアルストリート系ラッパーとして知名度を上げ、曲の中でも度々大麻や犯罪を想起させる表現を繰り返してきた。

テレビ朝日のMCバトル番組『フリースタイルダンジョン』の初代モンスターとしても知られ、放送でもコンプラ発言を連発、サグラッパーよろしく対戦相手を圧倒するスリリングなバトルは、番組の見所のひとつでもあった。

それだけ過激な表現を続けてきたMC漢だったが、実は薬物で逮捕されたことは一度もなく、界隈では「何か裏があって捕まらないのではないか?」と都市伝説のような噂も広まっているほどだった

そんな彼がこのコロナ禍になって逮捕。しかも大麻だけではなく、覚醒剤も陽性反応が出たとあって、コアなヒップホップファンの間でも賛否両論が飛び交う事態となったのだ。その背景には何があったのか? 保釈後の6月某日、鎖カフェにて話を聞いた。

※この取材を行った数日後、MC漢が再逮捕されるという不測の事態に。それを受けて、全ての裁判が終わり判決が下された後に再び取材を行った。最初の取材内容を前編として、後日の取材内容は後編で。再逮捕以前の発言として、本稿は形を変えずに掲載する

Special: 漢 a.k.a GAMI 出所後インタビュー

目次

  1. 「俺も捕まるんだ」って
  2. ストリートの神がいる世界もある、けど…
  3. MC漢が語るドラッグ
  4. MC漢の留置所ライフ
  5. 留置所でのライブ
  6. 『フリースタイルダンジョン』終了について
  7. ヒップホップとエンタメ、どこまで見せるべき?
  8. ”リアル”であること

「俺も捕まるんだ」って

──大麻はじめ、ストレートで過激な表現も辞さないスタイルでずっと活動してきた漢さんが捕まらないのは不思議で、一種の都市伝説みたいなものだと以前から言われるほどでした。

漢 a.k.a GAMI 俺も(捕まった時)一番最初に思ったよ。「俺も捕まるんだ」って

──留置場ではどんなことを考えていましたか?

漢 a.k.a GAMI 家族のこと、会社のこと、あとは『フリースタイルダンジョン』とかメジャー仕事のことかな。遮断されちゃってるから(留置場の)外の情報はないし、面会に来るスタッフの小林(政広)さん(現・株式会社鎖 GROUP代表取締役)たちも気を使って教えないから、逆にそこを考えることはそんなになかったですね。

この状況をどうひっくり返そうかなってことしか考えてなかった。あとは謝るところは謝んないとなっていう当たり前のところはありましたよ。

──そもそもどんな状況で逮捕されたんですか?

漢 a.k.a GAMI 芋づるでもないし、内偵でもないし、本当に職質なんですよ。もう20年くらい警察から目をつけられてて、内偵されてたのは知ってた。でも、今回(5月2日の最初の逮捕)捕まったのは(鎖カフェの)近所の戸塚警察だから、内偵とは関係ないんですよ。

今はもう昔みたいなストリートビジネスはやってないから、その心配をする必要はなかった。ただ、本(自伝『ヒップホップ・ドリーム』)にはいろいろ書いてるけど、あれが事実かどうかっていうのも(裁判で)どう説明するか織り込み済み。昔から、捕まるかもしれないことを前提に、普段からいろんなメディアに発信してるからね。

──内偵が入っても、捕まらないものなんですか?

漢 a.k.a GAMI なにか事件だったり、関係者にチンコロ(密告)されないと捕まえられないんだよ。今まで何度も通報されてるし、嫌がらせも2ちゃんねるの時代からあるから、そこは意識してる。2人が同時に証言しちゃうと証拠とみなされて、捜査令状が出せちゃう。そういうタチの悪いことをしてくる輩がいない限り、大丈夫なんですよね。

だから、今回は本当に運も悪かったし、運命と思ってる部分もある。もちろん周りに迷惑もかけたし、マイナスなこともあるんだけど、これから先ってことを考えたらプラスもある。

──「ラッパーとして原点に帰る」と宣言されていますよね。

漢 a.k.a GAMI 嫌でも戻されたってところもあるよ。昔だったら俺は「あんまり近よらない方がいいんじゃない?」って一線引かれる存在だからね。それが徐々にメディアを通してだったり、自分らで日頃のユーモアのある感じを発信したりしてたら、キャラ設定としては多少近寄りやすい感じにはなっていってたと思うんですよ。怖がられてるだけって本当に意味わかんないからさ。でも今回の件で、そこからまた「普通に怖い不良」に戻された感じはある

呂布カルマがインスタライブで「漢くんが捕まって絶対はないんだってことを学んだ」って言ってたんだけど、それを俺で学んだのかよって(笑)。でも、どうせならそのくらいの存在の方が他のやつも身が引き締まったりするわけだし、いいのかもしれない。みんなの人生を変えるくらいの出来事であってほしいし。

まぁ、警察は俺らのこと舐めてないから、俺らも舐めちゃダメだってことだよ。昔は私服警官らしき奴がいたらみんなでボコれ、みたいなことを言ってたけどね。

ストリートの神がいる世界もある、けど…

reDSC_5242.png

──今まで逮捕されなかったのは、運が良かっただけだと思いますか?

漢 a.k.a GAMI 真っ当にちゃんと筋を通してヒップホップしてれば、大丈夫なことの方が多いっていうか、奇跡が起きるっていう感覚は俺の中にはあったと思うよ。でも、そこからネクストレベルに自分の意識を持っていかないと、ダラダラしちゃうとツケは来る。そこが真っ当な奴はパクられないと思うし、半グレとかヤクザと揉めても助かってるだろうね。

30日間無料でお試し購読する

KAI-YOU Premiumは月額定額(税別1000円)のコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

NEXT PAGE (1/4)

今だから語れる、飾らない胸中