「なんやねんこの人!」粗品も思わずツッコむ才能・大石昌良と初対談

Interview

Series

  • 2021.06.05 19:00:00

芸人であり音楽家としてもデビューした霜降り明星・粗品。彼がかねてから尊敬する音楽家の筆頭として挙げていたのが大石昌良だった。

同じく多彩な才能を持つ大石昌良が、粗品と初の対談。ボカロ文化から、音楽とお笑いについてまで話を膨らむ。

「なんやねんこの人!」粗品も思わずツッコむ才能・大石昌良と初対談

お笑いコンビ・霜降り明星として漫才日本一を決める「M-1グランプリ」優勝、ソロでのひとり芸日本一を争う「R-1ぐらんぷり」優勝という、史上最年少王座にして史上初の二冠という偉業を成し遂げた芸人・粗品。若手世代の筆頭として、その後の活躍は言うまでもない。

幼い頃からクラシックに親しみ絶対音感を持っている粗品は、2020年にはボーカロイドによる楽曲を発表し始め、さらに新たな一歩を踏み出すべく2021年には音楽レーベル「soshina」を設立した。

その初弾として発表された楽曲「乱数調整のリバースシンデレラ feat. 彩宮すう(CV: 竹達彩奈)」は、自ら作詞作曲プロデュースをつとめ、ボーカルに人気声優の竹達彩奈、ドラムに実力派ドラマー石若駿を招くなど本格的な布陣で制作。ボーカロイドや「東方Project」といった彼自身の音楽的なルーツを感じさせる痛快なポップチューンに仕上がっている。

粗品 - 乱数調整のリバースシンデレラ feat. 彩宮すう(CV: 竹達彩奈)

人気お笑い芸人による音楽界への進出は珍しくはないが、自らのレーベルを立ち上げてまで臨む姿勢には並並ならぬものを感じさせる。その音楽家としての粗品に太鼓判を押すのは、自らも作家、シンガーソングライター、MCと多彩な顔を持つ大石昌良だ。

粗品は、以前から大石昌良のファンで「日本一歌が上手いんじゃないですか?」と評してきた。異なるフィールドで活動を展開する二人の交流はTV番組での共演から始まり、プライベートでも大石昌良の誕生日を誰よりも早く祝ったのが粗品であることが明かされているなど意外にも深い。

その2人による初の対談が実現。レーベル立ち上げ秘話、それぞれの目撃したボーカロイド文化、音楽とお笑いについてのクロストークが交わされる。

大石昌良ヘアメイク:瓜本美鈴

目次

  1. 実現していた、豪華クリエイターとの邂逅
  2. 「僕は大石昌良世代」
  3. 「3行で頼む」から生まれた(?)名曲
  4. 粗品がレーベル設立を秘密にしていた、真剣な理由

実現していた、豪華クリエイターとの邂逅

大石 粗品さんに誕生日プレゼントのお返しを持ってきたんですけど、今出してもいいですか?

粗品 マジですか!? なんやろ?

大石 僕が使ってるカポです。

粗品 うわすげぇ!! ありがとうございます。

REL1002266.jpg

喜びと驚きがあふれる粗品さん

大石 お店で並んでる中で一番高いやつだから、ぜひ使ってください(笑)。

※大石さんは、1月に迎えた自身の誕生祝いで粗品さんからプレゼントをもらっていた。「7時間続くっていうモバイルバッテリーをもらいました」。なお、カポとは「カポタスト」という、ギターのネックに装着して音色を調整する器具

粗品 嬉しいです!これはどうイイんですか?

大石 粗品さんが今使ってるやつはトリガータイプって言って、ネックに対して曲がった形をしてるからちょっとチューニングが狂いやすいんですよ。でもこれは真っ直ぐなので狂いにくい、僕も10年くらい使ってるイイやつです。

REL1002270.jpg

直伝の大石カポを手に、本当に嬉しそうな粗品さん

──粗品さんが使ってるギターも、大石さんに憧れて買われたものだとか?

粗品 ちょうどギター欲しいなと思ってる時にクリス松村さんの番組(TOKYO MX「ミュージック・モア」)で大石さんが紹介してるのを見て、ヤマハの高いやつ買ったんです!

大石 そのギターで「借金大王」とか歌ってんのか(笑)。

大石さんに憧れて購入したヤマハのギターで熱唱する「借金替え歌」

粗品 それくらい大石さんフリークなんですよ。

──そもそも交流はどこからはじまっているんでしょう?

大石 最初にお会いしたのは「歌カツ!」(「歌カツ! ~歌うま中高生応援プロジェクト~」)でしたよね。粗品さんがMCで僕が講師で。収録場所がそれぞれ違っていたんですが、粗品さんが僕のところにサプライズでいらっしゃって。あれは急きょ決まったことだったんですか?

粗品 スタッフさんにお願いして、大石さんの収録日教えてもらって突撃しました(笑)。

大石 バッキバキにポマードでキマってたし、いかにも収録の合間って雰囲気でしたもんね。本当に慌ててきてくれたんだろうなって分かりましたよ(笑)。

粗品 本当に僕のワガママでした。めっちゃ嬉しかったな。

──番組では「大石さんに会いたくて行ったわけじゃないんですよね?」という質問に「たまたまです」と否定されていましたけど、実際には大石さんに会いに行かれた?

粗品 当たり前じゃないですか! 建前ですよ!

粗品さんの建前(01:23〜)

大石 初めてお会いして、その後すぐにTwitterでDMして連絡先交換したんですけど、あんなに早く連絡先交換したの、後にも先にも粗品さんだけなんですよ。

粗品 いや~! うそでしょ?

大石 本当ですよ!(笑)

──これまで連載でうかがってきた感じだと、大石さんはかなり慎重に人間関係を構築されていきますもんね。

粗品 真逆のイメージでした…!

大石 普段は石橋叩きまくるけど、粗品さんだから特別です。

粗品 顔広い方なんだろうなと思ってました。

大石 そもそも粗品さんを含めて芸能人の連絡先5人しか知らないですからね。

──お互い、気になる存在だったわけですね。

大石 粗品さんが「会いたいアニソンクリエイター」として僕の名前を挙げてくれていたっていうのをファンの方に教えてもらっていて、それからずっと意識してたんです。

もちろん霜降りは大好きでしたし、(YouTubeチャンネルの)「しもふりチューブ」も見てました。それで、せっかくお会いできたならご飯でも、思ってスムーズに連絡できましたね。

粗品 行きましたねー。看板が出てない寿司屋に

大石 しかも田中秀和田淵智也も一緒に。

──オールスターじゃないですか!!

大石 粗品さんが会いたいクリエイターとして彼らの名前を挙げられていたので、僕から声かけてみましょうかって言ったんです。そしたら二人とも乗ってくれて、緊急事態宣言になるちょっと前くらいに4人でご飯にいきました。

粗品 ほんまにめっちゃええ寿司屋だったんですよ! まず木箱が出てくるんですけど、蓋をあけたら煙がバァーっと出てきて、偉っそうにのどぐろが入ってました(笑)。これがめちゃくちゃ旨くて、あの瞬間に一生ついていこうと決めましたね

大石 会うたびずっと言ってきますねそれ(笑)。

粗品 でも大石さんたちと食事行ったのは、今まで誰にも言ってなかったんですよ。

大石 どうしてですか?

サブスクリプションを始める

KAI-YOU Premiumは月額定額(1,100円/税込み)のコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

NEXT PAGE (1/3)

尊敬する大石昌良にもレーベル設立を言えなかった、アツい理由