虚栄心に蝕まれていく小心者の行き先『麻薬王』

Review

Series

  • 2019.12.19 19:00:00

今最もドープで、もしかしたらポップで、めちゃくちゃ謎が多い漫画家・usagiさんによるかつてないNetflix限定の映画レビュー。

虚栄心に蝕まれていく小心者の行き先『麻薬王』

『麻薬王』あらすじ

舞台は1970年代の韓国・釜山。金細工職人の傍ら、小さな密輸業でも生計を立てていたイ・ドゥサム(ソン・ガンホ)。

平坦で、時に屈辱的な思いをしながら生活を続けていたドゥサムだが、ある日、日本の暴力団を相手に「ヒロポン(覚醒剤)」を売るビジネスに目をつける。

『麻薬王』予告編 - Netflix

日本への密輸ルートを牛耳るチェや、麻薬製造のスペシャリストであるペク教授らと次々と手を組み、ドゥサムはビジネスを大成功へと導き、「麻薬王」と呼ばれる存在まで上りつめていく。

もともとは温和で、家庭的な平和を持っていたドゥサムだったが、成功と地位を守るために次第に変貌。ついには、「売人が手を出したら終わり」といわれていた覚醒剤に、自らも染まっていくことになる。

激動の韓国社会と、裏社会のビジネス。70年代の韓国に実在した「麻薬王」李斗三の実話をベースに、つくられた作品となっている。

30日間無料でお試し購読する

KAI-YOU Premiumは月額定額(税別1000円)のコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

NEXT PAGE (1/2)

「欲」に溺れていく麻薬王(漫画は全4ページ)