KAI-YOU Premium presents「遊ぶ人集会」vol.3 ハハノシキュウ × 佐藤友哉「小説の言葉、ヒップホップの言葉」オンライン開催

Interview

  • 2020.09.16 19:00:00

ラッパーで小説家のハハノシキュウ。彼が敬愛する小説家の佐藤友哉。

コロナ禍の創作、そして小説の言葉とヒップホップの言葉を探る。

KAI-YOU Premium presents「遊ぶ人集会」vol.3 ハハノシキュウ × 佐藤友哉「小説の言葉、ヒップホップの言葉」オンライン開催

KAI-YOU Premium 第3回目のイベント開催が、2020年9月19日(土)に決定いたしました。

「KAI-YOU Premium」に寄稿いただいているラッパー・小説家であるハハノシキュウさんと、ハハノシキュウさんが敬愛する小説家・佐藤友哉さんを招いた公開対談のオンライン配信を行います。

4月に予定していたものの新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて一度は中止した対談のリベンジ開催として、無観客でのオンライン配信となります。

日時 : 2020年9月19日(土)18:30開場 19:00開始
出演 : ハハノシキュウ × 佐藤友哉
司会 : 新見直(KAI-YOU Premium編集長)
協力 : LOFT9 Shibuya
配信閲覧チケット :Premium会員:無料 非会員:1000円
チケット購入方法 :

【Premium非会員の予約方法】
Premium非会員の方は、ZAIKOからチケットをご購入ください。

チケット購入リンク:https://loft-prj.zaiko.io/_item/330316

※チケットは、9月22日(火) 22:00までご購入いただけます。配信終了後も、チケット購入者は9月22日 22:00までアーカイブでご覧いただけます。

【Premium会員の予約方法】
Premium会員の方は、以下の申し込みフォームより必要事項を記入の上、ご応募ください。

事前申込リンク:https://forms.gle/y2KR4HqThcHRWxzk8

※上記のフォームから申込いただいた方には、準備が整い次第、KAI-YOU Premiumにご登録いただいてるメールアドレス宛に、配信URLをご案内いたします
※事前申込は、9月19日(土)18:00まで受付いたします。それ以降で配信ご希望の方は、9月22日 22:00まで、ZAIKO上でチケットをご購入してご視聴ください

本日より予約受付開始いたします。

対談の内容は後日、「KAI-YOU Premium」にて記事としても公開予定です。

遊ぶ人集会 vol.3 ハハノシキュウ×佐藤友哉「小説の言葉、ヒップホップの言葉」公開取材

ラッパーであり、2019年には初となる小説『ワールド・イズ・ユアーズ』を星海社から上梓し小説家デビューも果たしたハハノシキュウさん。

現在では文筆家としても活動する彼の、ライター仕事のデビューはKAI-YOUだった。これまで、コラムやMCバトル大会のレポートはじめ、ラッパー・ハハノシキュウならではのグルーヴ感のある文章で綴られたそれらは、多くの反響を呼んだ。

KAI-YOU Premiumでは、MCバトルレポートや、連載「ハハノシキュウの計算より15足りない日々」などを寄稿いただいてきた。

9月17日(水)には、2作目となる小説『ビューティフル・ダーク』(星海社)が刊行される。

そして、ハハノシキュウさんが強く影響を受けたと公言する佐藤友哉さんが、奇しくも『ビューティフル・ダーク』と同日、それも同じく星海社より刊行される『ステイホームの密室殺人 2 コロナ時代のミステリー小説アンソロジー』に参加されている。

rereビューティフル・ダーク_cover+non.jpg

(左)『ビューティフル・ダーク』(右)『ステイホームの密室殺人 2』

今回、その2つの刊行を記念して、お2人の対談が決定。

2001年に『フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人』で第21回メフィスト賞を受賞しデビューし、作家生活19年を数える佐藤友哉さんは、2007年には『1000の小説とバックベアード』で三島由紀夫賞を最年少で受賞し、近年ではハハノシキュウさんと同じく星海社から『転生! 太宰治』シリーズを刊行している。

ハハノシキュウさんの出演するライブやMCバトルなどに足を運び、ラッパーとしての活動もその目に焼き付けてきた佐藤友哉さんとハハノシキュウさんが、ついに作家として邂逅する。

当日は、お互いの新作を軸に、コロナ禍における創作活動や、ハハノシキュウさんが先輩にぶつける“執筆“にまつわるお悩み、佐藤友哉さんが疑問に思っているヒップホップについて、意見を交わしていただく。

それぞれの作品や作家性はもちろん、小説とヒップホップという、お互いの境界線を越境する。

出演者プロフィール

ハハノシキュウ e96b1c630cc44a12bf2d7864fe4205ed.jpg

青森県弘前市出身のラッパー/小説家。2012年05月、処女作品集『リップクリームを絶対になくさない方法』をリリース。2013年09月、フリースタイルダンジョン初代モンスターDOTAMA とのコラボアルバム『13 月』をリリース。2016年11月、地下アイドルおやすみホログラムの遍歴をエモーショナルにラップした『おはようクロニクルEP』がポニーキャニオンからリリースされ、実質メジャーデビューを達成する。2017年06月、ハハノシキュウ× オガワコウイチ名義で2 枚組アルバム『パーフェクトブルー』をおやすみホログラム所属のgoodnight! Recordsからリリース。さらに、2017年12月には自身のセカンドソロアルバム『ヴェルトシュメルツ』と盟友インプロデュオHUHとの即興コラボアルバム『3年後まで4年かかるタイムマシン』をOOO!SOUNDより2枚同時リリース。そして、2019年04月には念願の小説家デビューを果たし、星海社より『ワールド・イズ・ユアーズ』を刊行する。同年の07月、その小説を買ってくれた人へのサービスを建前に、小説の宣伝ソングという本音を隠して『小説家になろうEP』をデジタルリリース。同時に自主レーベル『猫背レコーズ』を立ち上げ『懐祭り』『顔』『鼠穴』と矢継ぎ早にリリースする。現在、2冊目の小説、Amaterasとのコラボアルバム、自身の3rdアルバムを同時進行で制中。

通販サイト:https://8849.thebase.in/ 
Twitter:@8x8_49

佐藤友哉 佐藤友哉氏宣材写真.jpg

1980年生まれ。
2001年『フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人』(講談社ノベルス)で第21回メフィスト賞を受賞しデビュー。
2007年『1000の小説とバックベアード』(新潮社)で三島由紀夫賞を最年少で受賞。近年では純文学をメインフィールドとして活躍している。
『ダンガンロンパ十神』シリーズ、『星の海にむけての夜想曲』(以上星海社)、『俳優探偵』(角川文庫)、『ベッドサイド・マーダーケース』(新潮社)など著作多数。
最新作の『転生! 太宰治』シリーズ(星海社)は、『月刊コミックゼロサム』(一迅社)にてコミカライズも行われている(作画:須賀今日助)。

Twitter:@yuyatan_sato

新見直 about-image-niimi-1.jpg

ポップポータルメディア「KAI-YOU.net」および「KAI-YOU Premium」編集長/株式会社カイユウCOO。1987年生まれ。学生時代、会社の前身となる雑誌『界遊』を創刊。以降、様々な媒体でジャンルにとらわれないコンテンツを編集・制作してきた。ポップリサーチャーとして、雑誌編集からイベントの企画・運営など「メディア」を横断しながらポップを探求中。 イベント予約はこちらから