『ONE PIECE』考察 ルフィがもたらす救済と革命の行方

Review

Series

  • 2020.09.30 19:00:00
『ONE PIECE』考察 ルフィがもたらす救済と革命の行方

すみません、まず最初に注意書きなのですが……「諸説あります」。

「諸説ある」ことを理解した上で、この考察を「フィクション」として、あるいは「妄想」として楽しめる方だけ、この先をお読み下さい。

目次

  1. 「福音をもたらす者」としてのルフィ
  2. 革命の旅路を描く、『ONE PIECE』
  3. 海賊王とは「一番自由な奴」のこと
  4. “D”の一族という「悪魔」について
  5. ラスボス・イムに隠された秘密
  6. フランス革命と『ONE PIECE』
  7. 空白の歴史と、邪馬台国/大和政権の成立
  8. イムは月の住人?
  9. “D”の思想 自由を肯定するということ

「福音をもたらす者」としてのルフィ

ONE PIECE』の記事を読みに来た方にこんなこと聞いて申し訳ないのですが、『新世紀エヴァンゲリオン』というタイトル、どういう意味かご存知ですか?

エヴァンゲリオンとはギリシャ語で直訳すると「良い知らせ」という意味になり、それが転じて福音、キリスト教における福音書を意味しています。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報2'

福音書とは何か。それはイエス・キリストの言行録で、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネという四名の福音書記者によって綴られたものです。新約聖書の最初に語られる、イエス・キリストについての客観的記録とでもいいましょうか。

この連載をお読みの方には何度もお伝えしてきましたが、宗教の本質は苦しみからの解放、救いです。なぜ福音書が「良い知らせ」なのかというと、イエス・キリストの教え、キリストの死と再生、神との新しい契約(新約)など、キリストの生涯そのものが広く伝播されるべき素晴らしいことと考えられているからです。聖書とは、苦しみ=罪を赦されるための行動指針となるものです。

一言でいうと……聖書を読めば、人々(我々)が救われる方法が分かる。

とは言っても、キリストが生まれたのは2000年も昔の話です。2000年前と今とでは、人間やそれを取り巻く環境や価値観、あらゆるものが違っています。

では今の時代に生きる我々は、何をどうしたら救われるのか? 2000年の時を経た我々人類の苦しみを取り除くには、何が必要なのか? 現代の福音書、新しい世紀における苦しみから逃れるための方法論。それが『新世紀エヴァンゲリオン』というタイトルに込められた意味の一つだと思います(一度この目線でTV版最終話や劇場版『Air/まごころを、君に』を鑑賞してみると面白いのでオススメです)。

さて、なぜわざわざ『ONE PIECE』の考察記事で『新世紀エヴァンゲリオン』のタイトルの説明をしたのか。

それは『ONE PIECE』の主人公であるモンキー・D・ルフィが「福音をもたらす者」として描かれているからです。

革命の旅路を描く、『ONE PIECE』

もはや言うまでもないですが、『ONE PIECE』という物語は海賊王を目指すルフィの船路の記録、つまり言行録になります。その意味でも、作者である尾田栄一郎先生が語るように「ルフィは心理描写、モノローグが描かれない」というのは象徴的ですね。

ではルフィのもたらす福音とはいったい何なのか。

それは、「革命」です。

より具体的に言うと、ルフィが支配階級や独裁者をぶっとばし、結果として新しい政治体制が敷かれることです。

(『ONE PIECE』1巻 第7話より).jpg

(『ONE PIECE』1巻 第7話より)

1巻の海軍の大佐モーガンが武力を持って街を支配しているエピソードからしてそうですし、その後もアーロンパーク編、アラバスタ編、空島編、ドレスローザ編と、ルフィが革命を起こしてきた国(や社会)の数は枚挙に暇がありません。

また、ルフィの目的はひとつなぎの大秘宝・ワンピースを見つけ海賊王になることですが、それを見つけると「世界がひっくりかえる」と伝えられており、これも「革命」という考え方と一致します。

ルフィ率いる麦わらの海賊団の船路は、二重の意味で革命の旅なんですね。

海賊王とは「一番自由な奴」のこと

ただし、ルフィは別に世界を革命しようと思って冒険しているわけではありません。ルフィの目的はあくまで海賊王になることです。

では海賊王とはいったい何なのか。ルフィいわく、それは「この海で一番自由な奴」とのことです。

(『ONE PIECE』52巻 第507話より).jpg

(『ONE PIECE』52巻 第507話より)

更に掘り下げてみます。「一番自由な奴」とはどういう意味なのか。

ルフィは基本的にやりたいことをやりたいようにやっている、という前提はもちろんなのですが、彼が本領を発揮するタイミングはもっと明確です。

それは、仲間や友達が傷つけられたときや傷つけられているときです。苦しみや支配、抑圧されている状況だと言い換えてもいい。

「一番自由な奴」は自分だけでなく、仲間や友達が不自由なのも許さない。

先ほどルフィを「福音をもたらす者」と表現したのは、ルフィが紛れもなく「苦しみを解放する者」だからです。その結果起きた革命は、あくまで副次的なものに過ぎません(そこが革命軍との差ですね)。

要約すると、弱きを助け強きを挫く、世界の海を駆ける任侠の旅。それが麦わら海賊団の船路の基本フォーマットになります。『水戸黄門』などをイメージすると分かりやすいかもしれません。

……と、話が少し抽象的というかふわふわしてきたので、もう少し具体的に内容に言及してみたいと思います。おそらく世界で最も考察されてる漫画作品『ONE PIECE』ですが、なるべく皆さんが読んだことのないような内容を書かせていただきますね。

30日間無料でお試し購読する

KAI-YOU Premiumは月額定額(税別1000円)のコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

NEXT PAGE (1/3)

悪魔(ルシファー)としてのルフィ