拮抗する商業とアマチュアリズムの行方

Interview

Series

  • 2019.06.18 18:00:00

Webコミックや自費出版を含め、漫画の描き手やその在り方が多様化している。

同人作家として生きる道を選んだ石川香織のスタイルもまた、一つの選択として時代を現している。その答えは、キャラクターたちに委ねられた。

拮抗する商業とアマチュアリズムの行方

『ロッキンユー!!!』15話ネームより抜粋

突然の連載終了──それでも描き続けていく

──「ロッキンユー!!!」は新キャラも続々と登場して、まさしくこれからというところで突如終了してしまいました。事情をうかがうことはできますか?

石川 それは、いろいろと考えた末です。

──「ジャンプ+」の連載の中ではとても人気があった方だとも思うのですが、それでも突然終わってしまうことがあるんですね。

石川 ファンの方からの支持はいただいていた方だとは思いますが、売れている作品に比べれば売上は文字通りの桁違いなので、それと比較されたときに、しょうがないことも起きてしまうのかなとも思います。

──Twitterでは「今後は個人の趣味として漫画を描いていければ」とも仰っていました。

NEXT PAGE (1/2)

石川香織が同人で続けていく理由

KAI-YOU Premiumは月額定額のWebコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

この続きはPremiumユーザー様限定となります、
ログインするか、無料お試し購読へお進みください。

1ヶ月無料でお試し購読する