Vol.2 YouTuber事務所って本当に必要?

Interview

Series

  • 2019.07.27 19:00:00

2019年7月20日、YouTuberグループ・禁断ボーイズが「第3章」への突入宣言を果たした。

別に活動を休止していたわけではないが、この2年間、彼らは世間の評判や自分たちの過去のしがらみに呑まれて、停滞していた。

Vol.2 YouTuber事務所って本当に必要?

禁断ボーイズ(手前左から:いっくん、メサイア/奥側左から:田中、モーリー)

禁断ボーイズと聞いて、彼らの動画をあまりみたことがない人が思い浮かべるのは「VALU騒動」「過激系YouTuber」「派手な髪色」という断片的な情報から来る「あまり触れてはいけない存在」というイメージだろう。

しかしながら、彼らほど真摯に、もがきながら活動してきたYouTuberはいない(その詳細については、前回の記事を読んでもらいたい)。

YouTuberのトップを目指す」。そのために禁断ボーイズのメンバーは人一倍に考え、YouTubeというプラットフォームで巻き起こる経済と文化、事象の数々を冷静に分析してきた。

連載第2回目は、「第3章」として再度復活を宣言した理由、YouTuberとしてのセルフマネジメント論、そしてYouTuberビジネスの中心的な存在となっている「事務所」という存在の是非について。彼らの率直な、しかし言葉を選びながら丁寧に語られていく様子は、YouTuber全体の未来をたしかに見据えている。

動画以外の趣味がないと、潰れる

──禁断ボーイズは「これからも続けていくために」組織体制の見直しを行なったという話でした。他に実践していることや工夫していることはありますか?

いっくん 休みをつくるのと、趣味を見つけること。基本的には動画が楽しすぎるから、それ以上の楽しさなんてないんです。動画をつくるのは楽しいけれど、長く続けて行く中でさすがにマンネリになる部分もある。だから動画以外の楽しいこと、新しいことを探さないと、少なくとも俺は潰れると思いました。

でも、モーリーとかメサイアは動画以外にいろんな楽しみを持ってるような。田中さんと俺は、これまで動画しかなかったから。

メサイア 正直にゃ、家でアニメとかバラエティ見てる方が楽しいんだにゃ(笑)。

いっくん それって良いことだと思うんだよな。

田中 俺は「動画、動画、時々女」ですかね(笑)。正直何もないですね、未だに。

人生つまんねえなと思って、面白いと思える何かを探したいんですけど──申し訳ないけど、めちゃくちゃ調子に乗った感じで言わせてもらうと、一度はYouTubeで成功した後だと「努力して、でも上手くいかない」みたいなほうが楽しいんです。

そういう逆境で燃えるタイプだから、面白いと思えることが減ったような気がする。例えば女の子を口説くにしても、口説く過程が一番楽しいのに、UFOキャッチャーのように500円入れたら取れますって感じになってしまっている。

何か熱中できることが欲しい。YouTubeも昔の方が楽しかったから。でも、いっくんに動画編集を褒められた時は一番嬉しいです。もう月に1回ぐらいしか動画編集に携われていないから、なおさら。あんまり褒められないというか、自分でも納得いく編集が今は中々できなくて。この2年間ぐらいで、そこのスキルが鈍ってしまったような気はしている。

禁断ボーイズ_3_vol2.jpg

いっくん 俺も正直だから、良い時しか良いって言えない。でも「うわ、褒めなきゃいけないな」とか思うよ。じゃないとみんな頑張れなくなってしまうから。田中さんに対してではなく、メンバーやスタッフ全員に対してそうですね。褒めなきゃいけないなと思うけどできなくて。でも裏方とかだったら無理して褒めたりするかな……。

──まず、未だにメンバーでも動画編集されているというのは、普通に驚きというか。人気YouTuberになると自分で動画編集をやってると言いながら、実際はやっていないのが当たり前ですもんね。

いっくん さすがに100%を他人には任せられない。クオリティを落とそうと思えば、そういう運営もできるけど、高みを目指さないと意味がないから。

田中 編集が上手い人、なかなかいないですもん(笑)。「あ、わかってんな」って勘所やセンスがある人はあまり見たことないですね。締めるところは締めないと、内容が二流、三流なところに、編集や構成も二流、三流なものが続いたら視聴者がすぐ離れてしまう。それを良しとすることもできるけど、それは動画やYouTube活動に対して麻痺しているようなもの。

──モーリーさんはアイドルオタクということで視聴者からも認知されていると思いますが、休みの日に続けていることはありますか?

モーリー ゲームとパチンコしてます(笑)。

いっくん パチンコってさ、負けても全然楽しいの? スッキリはする?

モーリー 最近はあんまり楽しくないよ。負けてばっかりだしね。

30日間無料でお試し購読する

KAI-YOU Premiumは月額定額(税別1000円)のコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

NEXT PAGE (1/4)

髪を染め直した、本当の理由