ボドゲ、草薙….“ジレンマ“は最高の醍醐味──「アークライト社」前編

Interview

Series

  • 2020.09.03 19:30:00
ボドゲ、草薙….“ジレンマ“は最高の醍醐味──「アークライト社」前編

おもちゃに対して並々ならぬ情熱を傾ける、お笑いコンビ・宮下草薙宮下兼史鷹。今回は、近年盛り上がりを見せるボードゲーム、なかでも”お笑いでいう吉本さん”のような存在だと語るメジャーなメーカー、アークライト社の名作ボードゲームを紹介。

ボードゲームの醍醐味は「ジレンマ」だという宮下は、自身が芸人として生きていくうえでも、ジレンマは接し方次第で武器になると話す。そして、もっとも身近な仕事仲間であり、一番の友人であり、大いなるジレンマでもある、相方の草薙航基について。

取材・執筆:ヒラギノ游ゴ 撮影:Hayato Takahashi 企画・編集:和田拓也

目次

  1. ボドゲ界の吉本興業「アークライト」
  2. 協力型七並べ『ザ・ゲーム』
  3. 草薙も楽しんだ『イーオンズ・エンド』
  4. 『MtG』生みの親が手がける『カーニバルモンスターズ』
  5. 草薙と大喧嘩 「なんなんだよ! お前全然おもちゃ屋さんやらないじゃんかよ! 」

ボドゲ界の吉本興業「アークライト」

今回のテーマはボードゲーム。中でもアークライト社というメーカーの3つの名作ボードゲームをご紹介します!アークライト社は、お笑いでいう吉本さんみたいな感じで、有名タイトルをいくつも抱えるボドゲ界のメジャー企業といっていいと思います。海外で人気になって今年、賞を受賞しそうなゲームを日本語化するなど、コア層向けなものを扱いつつ、ファミリーで楽しめるようなライトのものも押さえている、隙のないメーカーさんです。

Capture-0011_res.jpg

僕の身の周りでも、最近徐々にプレイヤーが増えてきている実感があります。思うように外出できなくなって、家の中で何か新しい遊びをってときにぴったりなので、皆さんにもぜひチャレンジしてみてほしいです。

最近のボードゲーム事情に詳しくない人からすると、ボードゲームと聞いて真っ先に浮かぶのはやっぱり「人生ゲーム」ですかね。

でも、今回ご紹介するようなボードゲームはちょっと毛色が違います。一概にはいえませんけど、運の要素が削ぎ落とされて、純粋な戦略の勝負になるところはほぼ共通していると思います。その分ルールがかなり複雑で、覚えるのに苦労するものも多いです。ビジュアル的にもファンタジー世界を舞台にしたものが多くて、『遊戯王』や『マジック:ザ・ギャザリング』に負けず劣らず凝ったものが多いですね。

そうそう、テレビゲームみたいに「セーブ」があるボドゲもあるんですよ。ルールが複雑すぎてクリアまでに2〜3時間じゃ済まないものもあって。有名なのは『グルームヘイヴン』。下手したら最後まで行くのに何百時間もかかるめちゃくちゃ”重たい”ボードゲームなので、ある程度進んだらセーブして後日再開するんです。今回ご紹介する3つのボドゲは、いわゆる”重量級”と呼ばれるようなものではなく、中量級〜軽量級のもの、そして「カード」を使っていくボードゲームです。

30日間無料でお試し購読する

KAI-YOU Premiumは月額定額(税別1000円)のコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

NEXT PAGE (1/2)

“ジレンマ”はボドゲの醍醐味 最大のジレンマは草薙