おもちゃ屋の総本山で、クリスマスプレゼントを3時間かけて探す──特別出張編「トイザらス」前編

Interview

Series

  • 2020.11.13 20:00:00

いまテレビで引っ張りだことなっているお笑いコンビ・宮下草薙。そのツッコミ担当である宮下兼史鷹が、超がつくほどの「おもちゃ狂」であることはあまり知られていない。編集部も圧倒される宮下のおもちゃ愛と知識、そこに垣間見える芸人としての日常を語り下ろす。

第13回は、特別出張編「トイザらス」編前編。約3時間歩き回り、「クリスマスプレゼントにおすすめのおもちゃ」を探しに行った。

おもちゃ屋の総本山で、クリスマスプレゼントを3時間かけて探す──特別出張編「トイザらス」前編

毎回、宮下草薙宮下兼史鷹がおもちゃへの偏愛と芸人としての視点を語る本連載。

今回のテーマは、おもちゃを語るうえで欠かせない冬の記憶、「クリスマスプレゼント」だ。特別編として、宮下がおもちゃ総合専門店・トイザらスへ出張。

トイザらス都内最大級店舗の1つである「トイザらス・ベビーザらス お台場店」店内を隈なく巡り、クリスマスプレゼントにおすすめのおもちゃを探す。

miyashita

企画そっちのけでプライベートな買い物に走る場面もありつつ、自身もおもちゃ店に勤めていたからこその着眼点で、最新のおもちゃ動向をレビュー。友達に、親戚に、自分の家族に──。生粋のおもちゃ狂が選ぶおもちゃを、ぜひ2020年のクリスマスに贈るプレゼントの参考にしてほしい。

取材・構成:ヒラギノ游ゴ 構成補助:赤井大祐 撮影:Hayato Takahashi 企画・編集:和田拓也 取材協力:トイザらス

※10月13日に取材。店内で表示されている価格や陳列商品は、掲載時・クリスマス時点で変更されている可能性がございます。また紹介商品は品切れの場合があります。

目次

  1. バトルトイコーナーへ 探し求めていた激レアおもちゃ発見
  2. 特撮コーナーへ 最新ギミックの変身グッズに唸る!
  3. ボードゲームコーナーへ 名作ボドゲのハイテク化に驚愕!
  4. クラフトおもちゃ おままごとはここまで進化した
  5. 陳列に見る、おもちゃ屋さんの企業努力

バトルトイコーナーへ 探し求めていた激レアおもちゃ発見

宮下 トイザらスは普段から別の店舗によく行ってますけど、このお台場店には久しぶりに来ましたね。フジテレビでお仕事があるときに空き時間ができたら来てるんですけど(笑)。

まずはバトルトイグランドマスターらしく、バトルトイから見ていきましょうか。

miyashita

宮下 おお……めちゃくちゃ充実してますね! 今だと手に入りにくいものもけっこうありますよ! ベイブレードの品揃えが最近見た中でも抜群にいいですね。 2・3世代前のまであるし、陳列もきれいでめちゃめちゃ見やすい!

鳴島 ありがとうございます。

miyashita

この日は、「トイザらス・ベビーザらス お台場店」副店長の鳴島さんに店内を案内いただいた

宮下 前回、マスターブレーダー堀川さんとの対戦で僕が負けた「ワールドスプリガン」もありますね。戦いを終えてしばらく経った今、改めて非常にバランスのいいベイだなって思います。……個人的に買っていこうかな。

そしてこの隣のコーナーがNERF。いやこれすごくないですか! これ! めちゃくちゃほしい! 何これ!

5dca7ae90cdeab5e32aabb54d96d42b3.jpg

宮下 超巨大なNERFの弾ですね。すごいですよ、アホすぎるでしょ(笑)。アメリカのYouTuberが巨大なNERFを作って遊んでるのを見たことありますけど、それより数段でかい。

で、ラインナップもめちゃくちゃいいですね。「アイコンシリーズ」っていう、レアリティの高い銃の品揃えが抜群にいいですよ。

アイコンは過去の名作モデルの再販シリーズなんですけど、単なる復刻ではなくて、今風の仕様に改修されて、性能が大幅にアップしているんです。

中でもこのひときわ大きいのは僕がずっと探してたやつなんです!群馬のトイザらスで働いていた弟に在庫ないか見てもらったこともあるんですけど、そのときはなくて。

9fb47470e086b26038973dddc9f875f8.jpg

宮下 なので僕、今日これ買います

8afc331dacf4478986d9c621fde697cc.jpg

鳴島 お買い上げありがとうございます(笑)。いやあ、めちゃめちゃ詳しくて驚きました。僕よりも全然詳しいです。

30日間無料でお試し購読する

KAI-YOU Premiumは月額定額(税別1000円)のコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

NEXT PAGE (1/3)

往年のあの名作がハイテク化