敬愛する小島秀夫、『メタルギア』シリーズへの愛

Interview

Series

  • 2021.04.04 19:00:00
敬愛する小島秀夫、『メタルギア』シリーズへの愛

宮下草薙宮下兼史鷹がおもちゃへの偏愛を語る、“バトルトイグランドマスター・宮下兼史鷹の「芸人おもちゃ手帖」”。今回は、宮下が「一番会いたいひと」とこぼすゲームクリエイターの小島秀夫と、彼が生み出した『メタルギア』シリーズについて熱く語る。

世界的に支持を得る、小島が生み出すゲームたち。その発想に毎回震える宮下は、思いが強すぎて祖父・祖母にも『メタルギア』の凄さをプレゼンするが...。

取材・執筆:ヒラギノ游ゴ 構成補助:赤井大祐 撮影:Hayato Takahashi 編集:和田拓也

目次

  1. これは天才が作ったゲームだ
  2. じいちゃん、ばあちゃんに熱く語った、『メタルギア』の天才的ストーリー
  3. もしも小島秀夫に会えるなら...

これは天才が作ったゲームだ

_A7_5704_res.jpg

こういう仕事をしていて、憧れていたり、話してみたかったり、いろんな方にお会いすることができているんですが、僕が一番会ってお話をしてみたいと思っているのが、ゲームクリエイターの小島秀夫さんです。言わずとしれた大名作ゲーム、『メタルギア』シリーズの生みの親ですね。

『メタルギア』シリーズは僕が一番好きなゲームです。「ステルスゲーム」というジャンルのゲームなんですけど、正直実際にプレイするまではピンときてなくて。隠れながら進むのっておもしろいのかな? と半信半疑でした。でも、『007 ゴールデンアイ』みたいにガンガン撃ち合ってゴリ押しで進んでいくのとはまた違う達成感があることに気づかされました。

それに、普段のプレイで隠れながら進んでいるからこそ、正面切って戦うボス戦が爽快なんですよね。

ボスキャラはどれもそれぞれ魅力的なんですが、僕が特に衝撃を受けたのが「サイコマンティス」というキャラクター。こいつは敵の脳に干渉する能力があるんですけど、その能力の見せ方がすごいんです。

どういうものかというと、こいつからの攻撃を食らったら、画面が真っ暗になって、右上に「ビデオ」って表示されるんです。「うわ、ボス戦中にゲーム機の電源落ちた! 」と焦ったんですけど、よく見たら「ビデオ」じゃなくて「ヒデオ」と表示されていて、ゲームの演出だったんですよ。

サブスクリプションを始める

KAI-YOU Premiumは月額定額(1,100円/税込み)のコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

NEXT PAGE (1/2)

じいちゃんたちに、6時間の『メタルギア』動画を見せてみた