超絶鬼畜ゲー『ダークソウル』が教えてくれた、壁を超えた先の「成長」

Interview

Series

  • 2021.03.28 12:00:00
超絶鬼畜ゲー『ダークソウル』が教えてくれた、壁を超えた先の「成長」

毎回、宮下草薙宮下兼史鷹がおもちゃへの偏愛を語る本連載。今回は壮絶な難易度で"死にゲー”の代表的作品としてしられ、世界でも高い人気を誇る『ダークソウル』を語る。

ゲームバランス度外視、何十回挑んでも一撃で瞬殺されてしまう強すぎるボス──。いまやバラエティでひっぱりだことなり、毎日の仕事を忙しくこなすなかで、宮下はなぜそんなゲームにどハマりしてしまったのか? 弩級の”死にゲー“が教えてくれる、壁に挑む過程での「成長」について。

取材・執筆:ヒラギノ游ゴ 構成補助:赤井大祐 撮影:Hayato Takahashi 編集:和田拓也 協力:スーパーポテト 秋葉原店

目次

  1. 壁を乗り越える自分を知る、『ダークソウル』
  2. 「一撃で瞬殺」は当たり前 語り尽くせない、強すぎるボスたち
  3. ”無理ゲー”な人生にどう立ち向かうか

壁を乗り越える自分を知る、『ダークソウル』

お笑い芸人として、最近忙しくお仕事をさせてもらってるなかで、なかなか手を出せないものがたくさんあります。

そのなかのひとつが、フロム・ソフトウェア社によるダークファンタジーゲームの傑作『ダークソウル』シリーズでした。これ、ずっと手を出すまいと思ってました。この作品は”死にゲー”としてとても有名で、プレイするのはしんどいかなと。それに、このシリーズにはボードゲームもあって、さらに拡張セットもあるので、好きになったら少なくとも10万円は出費が見込まれるのもあって、距離をとってたんですよ。でも、つい最近1のリマスター版をプレイしてしまい、一気にハマっちゃいました。

このゲームを一言で表現するのはとても難しいんですが、とにかくもうめちゃくちゃ難しい。それこそ同じボスに30回くらい挑むのは当たり前のゲームです。にも関わらず、「もうやめよう」とは思わないんです。

サブスクリプションを始める

KAI-YOU Premiumは月額定額(1,100円)のコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

NEXT PAGE (1/2)

仕事でもたくさん「無理ゲー」がある