“やらない笑い“と3口のかき氷──「NERF(ナーフ)」後編

Interview

Series

  • 2020.07.15 19:00:00

いまテレビで引っ張りだこのお笑いコンビ・宮下草薙。そのツッコミ担当・宮下兼史鷹が、超がつくほどの「おもちゃ狂」であることはあまり知られていない。

編集部も圧倒された宮下のおもちゃ愛と知識、そこに垣間見える芸人としての日常を語り下ろす。

“やらない笑い“と3口のかき氷──「NERF(ナーフ)」後編

バトルトイグランドマスター・宮下兼史鷹の「芸人おもちゃ手帖」、連載第6回は「NERF(ナーフ)」後編。日本ではあまり馴染みのないおもちゃだが、世界中に熱狂的なマニアが存在する。

今回は、ナーフというおもちゃを語るうえで語れない日本の住宅環境、そしてお笑い芸人としての環境適応能力について宮下が考える。

取材・執筆:ヒラギノ游ゴ 企画・編集:和田拓也 素材提供:宮下兼史鷹、太田プロダクション

連載バックナンバー

目次

  1. 進化し続けるナーフと地に足のついた物作り
  2. ナーフを使ったおもしろいことは全部やる
  3. かき氷、食べるのは3口だけ

進化し続けるナーフと地に足のついた物作り

IMG_1613_res.jpg

ナーフは銃型のおもちゃですが、初期は的に当てるのが難しいものだったんですよ。ナーフの弾は安全を考慮してスポンジで作られているので軽くて、空気の抵抗でブレやすかったんです。それでなかなかまっすぐ飛ばなくて。

でも今ではばっちり狙い撃ちできるおもちゃに進化しました。ここで、めちゃめちゃニッチなナーフの弾の歴史を少しだけ紹介していきましょう。

30日間無料でお試し購読する

KAI-YOU Premiumは月額定額(税別1000円)のコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

NEXT PAGE (1/2)

洗濯、紅茶淹れ、音ゲー、散髪──ナーフで全部やる