頭が痛くなるまでやった『ソニック』、何度もコントローラーをぶん投げた『クラッシュ』

Interview

Series

  • 2021.03.22 19:00:00
頭が痛くなるまでやった『ソニック』、何度もコントローラーをぶん投げた『クラッシュ』

毎回、宮下草薙宮下兼史鷹がおもちゃへの偏愛を語る『芸人おもちゃ手帖』。今回はゲームに焦点をあて、宮下が「はじめて頭痛がするまでプレイした」という『ソニックアドベンチャー』、そして「世界をすべて手に入れた気分」を手にいれ、一方で「何度もコントローラーをぶん投げた」という『クラッシュ・バンディクー』について。

海外でも根強い人気をもつポップなキャラクターが主人公のこのゲームたち。しかしそれとは裏腹な、宮下のハードなプレイ体験を語る。

取材・執筆:ヒラギノ游ゴ 構成補助:赤井大祐 撮影:Hayato Takahashi 企画・編集:和田拓也 協力:スーパーポテト 秋葉原店

目次

  1. はじめて頭が痛くなるまでやった『ソニックアドベンチャー』
  2. 頭が下がる思いの『クラッシュ・バンディクー』シリーズ
  3. 「ゲームをたくさん持ってる友達」、周りにいなかった?

はじめて頭が痛くなるまでやった『ソニックアドベンチャー』

_A7_5658_res.jpg

僕が最初にやり込んだゲーム、それは『ソニックアドベンチャー』です。出会いはちょっとしょっぱい思い出でした。

シーマン』をやりたくて「今年は誕生日もクリスマスとか何にもいらないからドリームキャストを買ってくれ」とねだって買ってもらったのに、シーマンが全然楽しめなくて(笑)。それを忘れるために『ソニック』を買いました。

『シーマン』は、たまごっちみたいなのを想像してたんですけど、その割に水槽の中の環境を整えるのがやたら難しかったりして、淡々と飼育を進めていく大人向けの内容でした。当時の自分には渋すぎて気持ちが折れちゃったんです。そんな絶望を癒してくれた『ソニックアドベンチャー』。思い入れはひとしおです。

10日間無料でおためし

KAI-YOU Premiumは月額定額(1,100円/税込)のコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

NEXT PAGE (1/2)

世界のすべてを手に入れた気分