「大人はお断りだった」コロコロ編集長が語る、狂乱のホビー90年代──「コロコロコミック」編 前編

Interview

Series

  • 2021.07.19 19:00:00
「大人はお断りだった」コロコロ編集長が語る、狂乱のホビー90年代──「コロコロコミック」編 前編

生粋のおもちゃ狂である宮下草薙・宮下兼史鷹がおもちゃと芸人について語る本連載。

今回は特別出張編として、いつの時代も小学生男子たちを釘付けにしてきた『月刊コロコロコミック』(小学館)の編集部を訪問。編集長・秋本武英との対談をお送りする。

前編では子どもたちを熱中させた90年代ホビー、『ビーダマン』『ミニ四駆』『ポケモン』にフォーカス。いざ、狂乱のおもちゃ黄金期の裏側へ──。

構成:LIT_JAPAN 取材・編集:和田拓也 撮影:鈴木大喜

目次

  1. 「しめ打ち」「爆誕」の名付け親に聞く!ビーダマン裏話
  2. 〇〇した途端、子どもたちは一気に冷めるんだ
  3. 「コンテンツを一緒に作る」コロコロの醍醐味
  4. コロコロホビーの雛形となった90年代

「しめ打ち」「爆誕」の名付け親に聞く!ビーダマン裏話

_X1A3841_res.jpg

宮下兼史鷹(以下、宮下) 秋本さん、今日はよろしくお願いします!

秋本武英(以下、秋本) こちらこそよろしくお願いします。宮下さんは1990年生まれですよね?

宮下 そうですね。

秋本 ということは、31歳か。どのあたりからコロコロを読んでらっしゃいましたか?

宮下 もう記憶が定かじゃないんですけど、気づいたら読んでましたよね。情報がコロコロしかなかったので、掲載されてるおもちゃを片っ端から買ってもらって(笑)。

宮下 それこそベイブレードにミニ四駆に、ビーダマン...キリがないですね。

コロコロ編集部(以下、コロ編) 宮下さん、「しめ打ち」って分かります?

宮下 もちろん。僕たちビーダマン世代はみんな使ってましたよ!

コロ編 しめ打ちっていう言葉を考えたの、当時入社1年目の秋本さんなんですよ

宮下 ええっ!? 天才じゃないですか!!

秋本 天才(笑)。タカラさん(現:タカラトミー)と一緒に考えたんですよ。

_X1A3955_res.jpg

秋本武英

宮下 おもちゃ界の松本人志ですよ!言葉を流行らすのってすごいことですから。

秋本 あははは(笑)。それで言うと「爆誕」とかもね。とりあえず「激」とか「爆」とか付けておけば、先輩の厳しいチェックが通るっていう(笑)。逆に勢いを付けないとなかなか原稿が通らなかったんですよ。

宮下 「しめ打ち」という言葉はどうやって生まれたんですか?

10日間無料でおためし

KAI-YOU Premiumは月額定額(1,100円/税込)のコンテンツ配信サービスです。「KAI-YOU.net」の有料版という位置付けのもと、"ここでしか読めないポップカルチャーの最前線"をお伝えしていきます。

NEXT PAGE (1/2)

4年間で50万部以下→200万部に。狂乱の時代のホビー雑誌作り